世界最小陽子治療システムで低コストの癌治療を世界に-HIL Applied Medical

CATEGORY: GENIUS

TAG:

癌に関する現状

癌は世界中において主要な死亡原因です。2012年においては、1千400万人の人が新たに癌にかかり、820万人が癌に関係した原因で亡くなっています。日本でも死亡原因の第一位となっており、今度ますます増えていく事が予想されます。

陽子ビームでの癌治療

HIL_1
(出典:HIL Applied Medical公式ページ
陽子ビームは癌腫瘍を治療するための集束放射線で、従来のX線や光子を使った治療方よりも優れています。癌腫瘍の周りの健康な組織を傷つける割合が非常に少ないため、患者に対する危険性が少なくなり、長期に渡る治療が可能になります。そして患者の生存率を高めて生活の質を向上させることができます。

HIL Applied Medical(以下、HIL)は超コンパクトで高性能な陽子治療システムを開発しています。HILは、ナノテクノロジー(物質をナノメートル、すなわち10億分の1メートルの単位で物質を制御する技術)、超強力レーザーそして超高速磁石を組み合わせることによって、陽子の加速方法とビームの放出方法において特許を取っています。これらの技術を利用すると、臨床的な有用性を下げることなく、陽子セラピーシステムのサイズ、その複雑性そしてコストを同時に引き下げることが可能です。

HILは一室のスペースしか場所を必要とせず、機能の拡張性がある陽子治療システムの開発を目指しています。

縮小化された陽子治療システム

HIL_2
(出典:HIL Applied Medical公式ページ
陽子ビーム治療は最も進んだ癌の治療法ですが、現在アメリカでは、陽子治療センターは10か所しかなく、陽子治療はごく一部の人しか受ける事ができません。現時点で陽子治療を受けた人は約8,000人に留まっています。日本でも、陽子治療が受けられる施設は10か所しかなく、陽子治療を受けるには約300万円がかかります。
なぜ陽子治療が受けられる施設が増えないのでしょうか?その理由は、従来の陽子治療システムにははとても大きく巨大な敷地が必要なため、莫大な費用がかかるからです。しかし、HILのシステムは従来のシステムに比べて非常に小さいため、現在かかる費用の約半分になったそうです。これによってより多くの人がこの治療を受けることができるようになることは間違いないでしょう。

会社概要

会社名 HIL Applied Medical, LTD
CEO Sagi Brink-Danan
設立年 2010年
拠点 イスラエル
社員数 1-10人
事業内容 HILアプライド メディカルは、ヘブライ大学からのライセンスを受けた技術をもとに、コンパクトでコストの低い陽子セラピーの開発を行っています。
会社URL http://hilappliedmedical.com/

メンバー紹介

Sagi Brink-Danan

Sagi Brink-Danan
最高経営責任者
Brink-Danan氏はアメリカ、マサセッチュー州のバブソン大学でアントレプレナーシップと国際ビジネスにおいて修士号優等賞を取得しています。そしてイスラエルのテルアビブ大学では生物医学工学において理学修士を取得し、成績優秀者であるために授業料は無料となりました。ほとんどアメリカにおいて過去15年間、医療機器販売の企業家、重役の役割を果たしてきました。彼が作り上げた様々な会社は、痛みの観察、整形、ロボット脊椎手術、高度な方法の傷の治癒、泌尿器科に従事しています。

Shmuel (Shmulik) Eisenmann

Shmuel (Shmulik) Eisenmann
共同創立者、取締役
Eisenmann博士はイスラエルのヘブライ大学で理学士号、理学修士号、理学博士号を取得しています。イスラエルの海軍将校アカデミーで卒業生でもあります。彼は実践的かつ実験志向の物理学者であり、彼の専門はハイパワーレーザー、電気光学、非線形光学、プラズマ物理学、レーザー加速器などです。

Arie Zigler

Arie Zigler
共同創立者、主任研究員
Zigler博士はイスラエルのヘブライ大学の物理学教授です。彼は、電機光学、分光学、
ハイパワーレーザー、レーザー加速器およびプラズマ物理学などの分野の実験物理学において35年の経験をもっています。ジグラー博士は150以上もの科学における文献を出版しており、様々な科学カンファレンスに招待され講演を行っています。彼はアメリカン物理学ソサエティの一員でもあります。

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |