グローバル化、モバイル化、クラウド化時代のネットワークセキュリティ-Cato Networks

CATEGORY: STARTUPS

TAG:

サイバー攻撃の脅威が蔓延する一方、企業にとってその脅威に対する対策は困難なものとなっている。世界各地に支社を持つグローバル企業、多様なwebアプリケーションやモバイル端末を駆使した業務―こうしたビジネスの傾向の中で、支社毎に、アプリケーション毎に、端末毎にセキュリティ設備を整えていたのではコストも莫大で、管理も複雑化してしまう。
Cato Networks社の「Cato Cloud」は、こうした企業の抱える課題をすっかり解決してしまう画期的なサービスだ。

セキュリティの課題も、ネットワークの課題も一つのサービスで解決

Cato Cloud は、ネットワークの構築及びその保守・管理を包括的に行うことができるクラウドサービス。このサービスでは世界規模の広域ネットワーク(WAN)に企業の各拠点及び社員の使用するモバイル端末やデータセンターを全て繋ぎ、そのネットワーク上のセキュリティ対策を包括的に行うことが可能。アプリケーション毎のセキュリティ管理を一括で行う次世代型ファイアウォールや、URL毎のアクセス制限の設定などのセキュリティ対策をネットワーク上の一つのサービスとして行うことにより、セキュリティ対策用のソフトウェアやハードウェアを個別に用意する必要がなくなり、コスト削減や管理の複雑さの解消につながるというわけだ。

Catonetworks_1
Cato Cloudのアプリケーション画面。このように、1つのプラットフォームで世界各地の支社のサーバーごとにセキュリティの管理ができてしまう。
(出典:Cato Networks公式ページ

また、従来は、低コストだが遠距離間の通信だと通信速度の遅いインターネット利用のネットワークか、遠距離でも通信速度は速いがコストの高いMPSLというネットワークかの二択を企業は迫られていたが、Cato Cloudではネットワーク上のサービスとしてWANへの接続を行うため低コストながらにして遠距離でも通信速度の速いネットワークの構築が可能となっている。

業界のベテランの新たな挑戦として注目を集める

Cato Cloudを開発したCato Networks社は、イスラエルと米国を拠点に、2015年に創業した。創業者の二人はいずれもサイバーセキュリティの分野で活躍してきたベテランだ。CEOを務めるShlomo Kramer氏はCato Networks社以外にもサイバーセキュリティ分野の企業の創業に携わっており、また数々のサイバーセキュリティ関連スタートアップ企業への投資家としての顔も持つ。CTO(最高技術責任者)であるGur Shatz氏もサイバーセキュリティの分野で製品開発や起業に携わったりと豊富な経験を持つ。

そんな二人が「グローバル化、クラウド化、モバイル化の時代におけるシンプルなネットワークセキュリティ」を目指して起業したCato Networks社。CRNにて「優れたネットワークセキュリティ企業25社」に選ばれたり、ForbesやNetworkWorldにも注目のネットワークセキュリティ企業として取り上げられるなど、メディアからの注目を集めている。
時代のニーズに応じたネットワークセキュリティで、これから着々と実績を残していくことに期待したい企業だ。

会社概要

会社名 Cato Networks Ltd.
CEO Shlomo Kramer
設立年 2015年
拠点 イスラエル
社員数 11-50人規模
事業内容 ネットワークセキュリティサービスの開発・運用
主な商品 Cato Cloud
会社URL http://www.catonetworks.com
沿革 2015年 創業。シリーズA投資ラウンドにてUS Venture Partners社のSteve Kraus氏やAspect Ventures社の創業者TheresiaGouw氏から2000万ドルの投資を受ける。
2016年 CRNやForbes、NetworkWorldといった多数のメディアに取り上げられる。

メンバー紹介

Shlomo Kramer

Shlomo Kramer
CEO・創業者
イスラエルのヘブライ大学にてコンピューターサイエンスの修士号を取得。Cato Networks社以前にも初めて商用ファイアウォールを開発したCheck Point Software社やwebアプリケーション用ファイアウォールを開発したImperva社の創業に携わった。また、Palo Alto Networks社やTrusteer社を始めとする数々のサイバーセキュリティ関連スタートアップ企業への投資も行ってきた。2006年にはNetworkWorldの「ネットワーク業界を変えた20の実力者」に名を連ね、2008年にはSC Magazineの「CEO・オブ・ザ・イヤー」に選ばれ、2013年にはInfoSec社による殿堂入りを果たした。

Gur Shatz

Gur Shatz
CTO・創業者
Imperva社にて技術主任や製品主任を務める。その後、webアプリケーション用セキュリティサービスを展開するIncapsula社の創業に携わり、同社CEOを務めた。

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |