社員の医療保険をシームレスに管理-Adherial

CATEGORY: GENIUS

TAG:

オバマケアで話題の、アメリカの医療保険制度。アメリカでは公的な国民皆保険制度は存在せず、多くの人が会社の提供する民間の保険に加入している。そのような文化の中で、社員の福利厚生をよりわかりやすく管理するためのソフトを作ったのが、Adherial社だ。

クラウドで医療保険を管理

Adherial_1
(出典:Adherial公式ページ
Adherialは、米オレゴン州に拠点を置く同名の企業が開発した、法人向けのクラウド型福利厚生管理ツールである。よりよい健康管理を可能にするこのソフトは、会社、従業員、その扶養家族の全員にとって完璧なソリューションを提供している。Adherialは、保険代理店や福利厚生コンサルタントを通して販売されるホワイトラベルの福利厚生プラットホームを顧客企業に販売している。一次チャネルとして保険ブローカーと提携することで、収益を増やし、顧客ロイヤルティを確実なものにしている。また、このプラットホームは、その会社の社員に合わせた福利厚生を雇用者がスムーズに届けられるようになっており、それによって、高いエンゲージメントや、良好な健康上のアウトカム、低運営費、福利厚生における高いROIをもたらすことを可能にしている。

Adherialの機能

  • 保険の基本情報の閲覧
    健康保険証、福利厚生の概要、フィードバック・メカニズムなどを一か所で管理・閲覧することができる。
  • メッセージの送受信
    グループ全体、または指定した特定のグループに、マルチデバイス&マルチメディアによって素早くメッセージを送信できる。また、従業員は保険プラン管理者に直接質問することができ、管理者はパソコンから気軽に返信することができる。メッセージはスマホのバナーで見ることが可能。
  • 健康のための目標行動を管理
    従業員はダッシュボードで自分のアクティビティや目標をリアルタイムでチェックし、達成度を報告することができる。
  • ヘルスケアアプリの情報を統合
    第三者アプリをサポートし、アカウント開設や、データの同期・トラッキング・報告を行う。


(出典:Adherial from Tom on Vimeo.)

Adherialを使うことによって、従業員と保険管理者の双方向からのコミュニケーションや、第三者アプリとの統合をはかることが可能になる。

登録の流れ

Adherialでは、簡単な操作で従業員の登録を行うことができる。

  1. はじめに、保険管理者が新しい従業員の基本情報を入力し、保険プランを選択する。この際の個人情報はセキュアに保護されている。
  2. 情報を入力するとすぐ、リンク付きの通知メールが従業員に送られる。このリンクも安全性がしっかりと保証されている。
  3. 従業員はリンクからアプリをダウンロードし、システムにログインする。

従業員の登録は、以上のシンプルな3ステップで終了だ。

まとめ

Adherialは、雇用者や人事部、保険会社、医療保険ブローカー、福利厚生コンサルタント、そして従業員とその家族まで、あらゆる関係者にとって、アメリカ医療保険をより利用しやすいものにするだろう。今後の行方に注目したい。

会社概要

会社名 Adherial
CEO Joe Tanous
設立年 2010年
拠点 米オレゴン州
社員数 11-50人規模
事業内容 医療保険管理用ソフトウェアの開発
会社URL http://www.adherial.com

メンバー紹介

Evan Macmillan

Joe Tanous
CEO、共同創業者
ベンチャーキャピタル、最高経営層、スタートアップで30年以上の経験を持つ。OrCAD、 Mentor Graphics、Autodeskなどに勤務した。

Evan Macmillan

William Kelly
COO、共同創業者
数々のスタートアップ企業での20年以上の経験を持つ連続企業家。Sapient Health Network(WebMD)とLearning.com.の共同創業者。

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |