脳機能障害患者をゲームで助ける-Intendu

CATEGORY: GENIUS

TAG:

Intenduは神経科学者により設立された新進のデジタルヘルス会社であり、脳の機能障害を持つ人々を対象に、脳トレーニングのためのソフトウェアを提供している新進のデジタルヘルス会社である。 同社の使命は、必要とするすべての人に効果的かつ手頃な価格の認知トレーニングを提供することにある。

Intendu_1
(出典:Intendu公式ページ

脳のリハビリを変換:初のモーション相互作用ブレイントレーナー

Intenduが開発したFunctional Brain Trainer(機能的ブレイントレーナー)は、機能的な認知能力を訓練するためのビデオゲームである。患者はゲームをしながら現実の対話型のシナリオの中でボディをコントロールしながら機能認知能力を訓練する。そしてゲーム内容は、プレイヤーの能力とリハビリの目標に合わせてリアルタイムにカスタマイズされている。

そのゲームにはプラットフォームがあり、そこからマルチタスク、メモリ、阻害、設定シフト、永続性、注意、自己開始、など多くの訓練の認知機能が提供される。それを使うことによって、外傷性脳損傷、脳卒中、加齢関連認知低下、精神疾患、神経疾患などといったさまざまな認知機能障害を持つ患者は訓練ができるのだ。

Intendu_2
(出典:Intendu公式ページ

脳機能障害患者をゲームを使って治療するというアイデアは非常に画期的である。これまで治療やリハビリといえばつらい、大変、というイメージがあり、嫌々行っていた患者もいるあろう。しかしこれからは患者がゲーム感覚で楽しみながら治療やリハビリに取り組んでいくことができ、わざわざ病院まで行かなくても自分の家で訓練を行うことができる。そういった意味でブレイントレーナーはこれからの脳機能障害患者の治療に新しい形で貢献していくことであろう。

ブレイントレーナーの主な特徴

  1. ナチュラルボディの相互作用
    脳が物理的に活動している間に脳をトレーニングすると、脳の可塑性は向上する。
  2. 自動適応とカスタマイズ
    ゲームの認知およびモーターチャレンジはIntendu特許出願中の神経認知エンジンを使用して、患者のニーズや能力に合わせてリアルタイムで調整されている。これが患者に効果的で正確な刺激を与え、患者が、一人で訓練することが可能になる。
  3. 楽しさと魅力の実体験
    ダイナミックで現実的な環境下でトレーニングを行うことにより、訓練は日常生活へと移行しやすくなる。報酬やスコアリングを含んだトレーニングによって、患者の訓練を続けようとするモチベーションや整合性は高まる。
  4. エビデンスに基づくパラダイムと成功のエビデンス
    プラットフォームは神経可塑性の原則、証拠ベースのパラダイムと神経科学、リハビリテーション、神経心理学の最新の研究に接地されている。トレーニング環境における患者のパフォーマンスは、標準的な認知評価と相関している。
  5. 複数の設定やモダリティ(様相)でのトレーニング
    今までにない状況への訓練の移行を強化するために、プラットフォームは、複数の設定内および様々な異なるアクションやジェスチャーで認知機能に挑戦することに努めている。
  6. ケアの連続
    プラットフォームは、脳の機能障害を持つ人々が、リハビリテーションクリニックや自分の家で、損傷後すぐにリハビリテーションの病院のプラットフォームにアクセスできるようにする。
  7. 患者の進捗状況の定量&追跡
    Intenduのプラットフォームは、常に患者のパフォーマンスを追跡し、どこからでもアクセスすることができ、詳細な進捗レポートを提供する。

Intendu_3
(出典:Intendu公式ページ

リサーチと臨床研究

Intenduのトレーニングパラダイムは、証拠に基づくパラダイムと最近の研究結果に基づいており、常に複数の患者グループで脳機能トレーナープラットフォームの妥当性と有効性を評価するための研究を行っている。

会社概要

会社名 Intendu
CEO Son Preminger
設立年 2012年
拠点 イスラエル
社員数 約10人
専門分野 認知リハビリテーション、認知トレーニング、神経科学、テレビゲーム、アルゴリズム、ウェブアプリケーション
会社URL http://www.intendu.com

メンバー紹介

Dr. Son Preminger

Dr. Son Preminger
創設者兼最高経営責任者(CEO)
Sonは、学術および臨床プロジェクトにおいて13年間の認知訓練やリハビリテーションの経験をもつ神経科学者である。それ以前に、彼女は製品管理、ビジネス開発およびR&D(マイクロソフト、CogniTensの、スキーマ、Amdocs社)のソフトウェア企業で管理職についていた。彼女は博士号神経科学(ワイツマン研究所)、MBA(ハーバード大学)、修士課程コンピュータサイエンス(ワイツマン研究所)、学士数学(テルアビブ大学)といった資格を保持し、映画制作のMFA取得に向けて勉強した。

Yuval Bar-Gil

Yuval Bar-Gil
執行会長
Yuvalは、AeroScoutの創設者かつ元最高経営責任者(CEO)であり、創設時から世界的な、医療最適化ソリューションのグローバルマーケットリーダーとなるまで、17,000を超える病院、診療所、シニア向け施設にサービスを提供してきた。 AeroScoutの前は、Bain & Company(英国、米国)で働いていた。MBA(ウォートン)、BA(テルアビブ大学)などの資格を保持している。

Dr. Barak Blumenfeld

Dr. Barak Blumenfeld
共創始者、CTO
Barakは脳行動パターン分析のエキスパートであり、R&Dマシーンソフトウェアにおいて13年間の経験を持つ。彼は最適化とロジスティックスソフトフェア製品の開発を率いてきた。また、コンピュータサイエンスと神経科学のPhDとMScやコンピュータサイエンスと心理学のBScを保持している。

TAG ,

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |