最新ロボット技術を用いた革新的な物流管理システムを世界へーFetch Robotics

CATEGORY: STARTUPS

TAG:

Fetch Robotics社は、革新的なロボットソリューションによって物流作業および物資管理に革命をもたらす、シリコンバレーのベンチャー企業です。

FetchRobotics_1
Fetch Roboticsの企業ロゴ
(出典:Fetch Robotics公式ページ

自走型倉庫用ロボット

現在「fetch」や「freight」といったロボットが発売されています。
fetchはロボットアームで倉庫内の商品をピックアップします。freightは人間やfetchに並走してピックアップされた商品を輸送します。
FetchRobotics_2
左:fetch、右:freight
(出典:Fetch Robotics公式ページ

またfreightは目的に合わせて3つの異なるタスクを行うようにカスタマイズすることができます。
FetchRobotics_3
(出典:Fetch Robotics公式ページ

  1. hmishelf:2地点間の物資移動を可能にする
    作業員によって荷物がfreightに乗せられたあと、データ上にある目的地の中から選ばれた場所までその荷物を運ぶことができます。
  2. cartdock:有効荷重100kgという特性を活かした荷車機能を担う
    この機能を使用すれば他の運送車などへの積荷も大幅に作業効率がアップします。
  3. datasurvey:データ収集・分析機能
    室内温度からカメラ機能を用いたパフォーマンス分析、在荷状況のデータ収集なども担います。

全てのロボットを管理するFetch Core

Fetch Roboticsがもつテクノロジーの根幹にはFetch Coreという管理ソフトウェアがあります。Fetch Coreは輸送ロボット全体を管理するソフトウェアで、施設管理者によって定められた荷物を降ろす場所、好ましいルート、スピードマップと立入禁止区域を各ロボットに認識させ、対応する施設における「道路のルール」に従わせることができます。

Fetch Coreの革新的ポイント

  • 維持のしやすさ
  • 効率性の向上
  • カスタマイズ可能なワークフロー
  • Fetch Core導入に際する倉庫運営の変更は最小でOK
  • インテリジェント自律走行

会社概要

会社名 Fetch Robotics, Ltd.
CEO Melonee Wise
設立年 2014年
拠点 アメリカ合衆国 カリフォルニア
社員数 11-50人規模
事業内容 産業オートメーションシステムの開発
主な商品 Fetch Core、Fetch、Freight
会社URL http://fetchrobotics.com/

メンバー紹介

Melonee Wise

Melonee Wise
CEO
Willow Garage社でロボットエンジニアとしての経験を積んだ後、Unbounded Robotics社ではCEOとしての経験を持つ

Michael Ferguson

Michael Ferguson
CTO
Vanadium Labs社CTOを務めるのと並行してWillow Garage社でソフトウェアエンジニアとしての経験を積んだ後、Unbounded Robotics社ではCTOとしての経験を持つ

Peggy Fong

Peggy Fong
COO

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |