アフリカライジング!携帯電話を使った電子処方箋-mPharma

CATEGORY: STARTUPS

TAG:

アフリカの医薬品の問題ー薬で人が亡くなる?

医療へのアクセスが困難なアフリカでは、まがい物の薬や、質の悪い薬を飲んで亡くなる人が後を立たないという。WHOによれば、サハラ以南のアフリカにおいて、毎年10万人以上の人がそういった薬が原因で亡くなっているのだそうだ。まがい物の薬は、小麦粉など適当な粉で見た目がそっくりに作られている。驚くべきことに市場に流通している薬のおよそ3割がそうした偽物という報告がされている。また、後者の質の悪い薬の中には、誤った取り扱いや保管方法により、微生物に汚染されていたりするものもある。そして多くの場合、有効成分は入っているものの量が不十分な為に効き目がない。国際保険政策が専門の経済学者Roger Bate氏によれば、品質不良の薬の方が、偽の薬よりも大きな健康被害を及ぼすという。
一方で正規の薬は、入手困難な上に高いマージンが入り、庶民の手の届かない値段になっていることが多い。処方された薬がどこに行けば買えるのかということさえ、なかなか分からないことがあるというのだ。

携帯一つで薬が入手しやすく、手頃な価格なものになる

mPharma社はそのようなアフリカの医薬品流通事情を改善するべく、ガーナ出身のGregory Rockson氏によって創立された。ガーナに本社を置く同社は、携帯電話を用いて、医師、薬局、患者を繋ぐ。さらには製薬会社、保険会社もネットワークに入れることができる。これにより、それぞれが様々なメリットを享受する。例えば、医師は、正当な薬の在庫がどこにあるか瞬時に知ることができるし、薬局は、過剰在庫を抱えるリスクなしで、最高品質の薬を製薬会社から直接仕入れてストックすることができる。患者は、それらの良質の薬を手頃な価格で入手することが可能になる。製薬会社は、どの地域で、どのような病気が増えていて、どの薬が服用されているかといったリアルタイムのデータを受け取り、保険会社は、医薬品の種類や価格といった情報が瞬時に手に入るため、支払い処理にかかる時間の短縮につながるといった具合だ。

mPharma_1
(出典:mPharma公式ページ

同社が携帯電話でのサービスを採用したのは、アフリカでは、パソコンよりも携帯電話の普及が急速な勢いで進んでいる為だ。固定電話を持っていない人も携帯電話なら持っているということがあるそうだ。

CEO Gregory Rockson氏

海外留学を終えたRockson氏は、アメリカで就職するつもりで、Googleの面接を受けていた頃、何か心に何かひっかかるものを感じていた。ちょうどそんな時に、アフリカの医療事情に関する理不尽なニュースを聞き、2008年にナイジェリアで84人の子供達が、粗悪なteething mixture(鎮痛剤の一種)を飲んで亡くなったことを思い出したのだそうだ。そして、アフリカに帰国し起業することを決意する。15歳の時にHIV/エイズの子供を助ける非営利団体を設立したというから、元々社会問題に取り組むことに興味があったようだ。そんな同氏の信念は、社会的に良い事をすることによって、商業的にも成功することだ。またアフリカを築いていくことができるのは、アフリカ人しかいないともStartupBRICSの取材に対し語っている。今日アフリカの医療は海外から多くの資金提供を受けて成り立っているが、Rockson氏は、そうした寄付金は持続可能性に欠けると見ている。

受賞

mPharma社は、ベルリンで開かれた世界医学サミットのStartup Trackにて優勝している。同社が優勝したのは、Startup Trackが初めて開催された2015年だ。保健医療を革新するようなスタートアップとして世界17カ国70社以上が参加した中から選ばれている。

今後の展望

2016年5月の時点で、mPharma社のサービスを利用した患者数は、およそ1万人となり、処方された医薬品は、2万6千を超えた。将来的には、同社のサービスを通じて処方される薬が、100万になって、国や、都市ごとに、予測をたてられる健康管理システムを構築したい考えだ。
Mckinsey&Company社によれば、アフリカの医薬品市場規模は、2003年に47億ドルだったのが、10年後の2013年には208億ドルに達した。2020年までには400億〜650億ドル規模に成長する見込みだという。こうした背景も同社にとって追い風になりそうである。

会社概要

会社名 mPharma
CEO Gregory Rockson
設立年 2014年
拠点 ガーナ
社員数 11-50人規模
事業内容 携帯を利用した電子処方箋サービス
主な商品 mPharmacy、mClinic、Mutt
会社URL http://www.mpharma.co/

メンバー紹介

Gregory Rockson

Gregory Rockson
創業者 CEO 
2009年から2012年までウエストミンスター大学で政治学を専攻。デンマークで中東難民の子供達を指導するプログラムBig Brother, Big Sister Denmarkや、中東地域の平和の為のプログラムSix Days of Peaceを立ち上げるなど社会的活動をしてきた。ヒラリークリントン氏が手がけたアメリカの児童の健康と福祉の向上を目指した活動Too Small to Failにも、インターンとして2012年に参加した。 2014年からGlobal Talent Summitの諮問委員会メンバーを務めている。

Dan Shoukimas

Dan Shoukimas
共同創立者 最高製品責任者
2013年コネチカット大学で理学士号を取得。専攻は美術史。
2012年〜2013年 Little Boat Dreamsの共同創立者であり、最高技術者を務めた。

James Finucane

James Finucane
共同創立者 最高技術責任者
2013年コネチカット大学で理学士号を取得。専攻は数学。

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |