命を支える源-Ayyeka Technologies

CATEGORY: GENIUS

TAG:

私たちの生活において、水は必要不可欠だ。今この瞬間も水は止めどなく流れ続け、カフェではコーヒー、夏の暑い日にはカキ氷やアイスといった姿に形を変えて、私たちの味覚を楽しませてくれる。その水が供給される為には、浄水施設できれいにされたり、長いパイプを通ったりする必要がある。しかし、そういったパイプや浄水場に不具合が生じて水の供給が止まってしまったらどうなってしまうだろうか。Ayyeka Technologiesは次世代型モニターWaveletを開発し、パイプラインや浄水施設の設備管理や水問題対策に一役買われている。

水管理を支える次世代型モニター Wavelet

Waveletは水を管理するにあたって様々な分野で活用されている。下水においては廃水処理の過程で濁度や水素イオン指数、含まれる酸素の割合を算出したり、下水システムを24時間管理したりすることにより、下水道の溢れや荒天時の流出といった発生が予期される問題を未然に防いでいる。そうすることにより、浄水場に届けられる前から水の管理を始めているのだ。浄水場では一般に届けられる安全な水かを判断する為に、浄水処理後の水質や温度、水素イオン指数を管理する。

しかし、このセンサーの役割は水質管理だけではない。下水を収集する際や清水を供給する際にはセンサーを通して水の情報だけではなく、水が通るパイプラインの情報も常に提供している。パイプに亀裂や破損、歪みといった問題が生じる初期症状を捉えるとすぐに管理コンピューターへ情報が送られるシステムになっているのだ。その結果、初期症状の段階で対処ができるため、修理に掛かる費用も大いに削減できる。

Ayyeka_1
(出典:Ayyeka Technologies公式ページ

また、自然環境管理においても多くの役割を担っている。降雨によってもたらされる水量やその質を管理したり、その水に影響を及ぼす大気や天候の情報も与えたりしているのだ。

こういった水の徹底管理がなされている国はどれくらいあるだろうか。日本国内では水室管理における認識レベルに差が生じているように感じる。私の実家がある栃木県では、水道水を飲む習慣が当たり前のようにある。しかし都会に行くと水道水を飲むという事に抵抗を覚える人に会うことがある。水の管理がなされているにも拘わらずそういった認識を持つのはやはり土地柄の問題が大きくあるのかもしれない。しかしAyyeka TechnologiesのWaveletの採用や知名度があがることにより、そういった認識を払拭できる可能性があるのではないか、と考える。水は私たち人間の生活だけではなく、多くの生物の命を支える物である。その管理を担うAyyeka Technologiesの今後の活動には大きな期待が持たれる。

会社概要

会社名 Ayyeka Technologies
CEO Ariel Stern
設立年 2011年1月
拠点 イスラエル エルサレム
社員数 11-50人規模
事業内容 Waveletの企画、開発、製品化、販売
主な商品 Wavelet Kits
会社URL https://ayyeka.com/
沿革 2011年1月 創業
2015年7月 Wavelet開発
2015年7月 Milken Innovation Center主催のカリフォルニアの水不足問題対策のプロジェクトに参加
2015年11月 新規クリーンエネルギー計画において米国エネルギー省と提携
2016年3月 2016年Water Date Challengeにおいて次点を獲得

メンバー紹介

Ariel Stern

Ariel Stern
CEO & Co-Founder
Technion Universityで電気工学を学び理学士号を得た。イスラエル空軍大尉として空挺指揮システムや世界を牽引する軍需産業の研究主幹も務めた。現在はAyyeka TechnologiesのCEOとして革新的な電子保護ソリューション製品をIoT産業へ提供している。

Yair Poleg

Yair Poleg
CTO & Co-Founder
エルサレムのHebrew Universityでコンピューター科学の博士号を取得し、イスラエル国防軍の精鋭部隊である8200部隊の班長兼プロジェクト管理者としての経歴を持つ。信号処理及び推進の分野に特化しており、技術面や知識面における研究開発の革新へ取り組んでいる。

Seth Frielich

Seth Frielich
Director of Sales & Marketing
電気工学の理学士号をRutgers Universityで修め、新しい販売ルートの建設や戦略的マーケティングの計画と開拓における豊富な経験がある。販売及びマーケティング責任者としてAyyekaの技術をIoT(モノのインターネット)産業へ伝えている。

Nir Ben-David

Nir Ben-David
Director of Sales & Marketing
電気工学の理学士号をRutgers Universityで修め、新しい販売ルートの建設や戦略的マーケティングの計画と開拓における豊富な経験がある。販売及びマーケティング責任者としてAyyekaの技術をIoT(モノのインターネット)産業へ伝えている。

Gaby Nativ

Gaby Nativ
Software Development Manager
Yairと同じく、コンピューター科学の博士号をHebrew Universityで取得し、8200部隊の班長を経験。加えて大量のデータを取り扱うIBM社に勤務した経歴を持つ。その経験を活かしてIoT機器へ大量のデータを流す際の管理を担っている。

Sivan Cohen

Sivan Cohen
Director of Business Development
専門技術者としての資格を持っており、土木工学の理学士号をUniversity of California Berkeleyで取得した。Stanford Universityでも同分野で理学修士号を修めた。Ayyeka Technologiesの優れたM2M(Machine to Machine)ソリューションズと活性化するインフラ市場の架け橋として活躍している。

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |