小さな自然の力を利用した、低コストな汚水処理-Aquanos

CATEGORY: STARTUPS

TAG:

人間が生きるための基盤であり、社会や産業のあらゆる活動に欠かせない、水。私たちの日常生活や産業活動のなかで、日々おそるべき量の汚水が排出されている。こうした排水の浄化を、いかに環境に優しく、いかに効率よく行うか。イスラエルのスタートアップAquanosは、2011年の創立以来一貫してこの課題を追及してきた。

彼らが研究開発を重ねてきたのは、微細藻類と呼ばれる小さな藻やコケなどの植物を、微生物を利用した汚水処理のプロセスに導入する方法だ。

酸素を利用して呼吸を行う微生物(好気性細菌)に汚水の中の有機物を食べさせることで、水質の浄化を行うやり方は古くから確立されている。しかしこの方法では、微生物を生かすための酸素の供給に多大なエネルギーを費やさねばならなかった。

この問題を解決する方法のひとつは、微細藻類と微生物の共生関係を利用することだ。よく知られているとおり、藻類は光合成を通じて酸素を生みだす。微生物はこの酸素を使って呼吸をし、汚水のなかの有機物を処理しながら微細藻類の光合成に必要なCo2も生みだす。微生物と藻類、互いが互いの生活を支え合うエコロジカルなシステムだ。ただしこの方式にもまた欠点がある。微生物の量が多くなりすぎると水中に入る光の量が少なくなり、藻類の成長が妨げられてしまうのだ。水中にたくさんの光を入れようとして微生物の量を減らすと、こんどは肝心の汚水処理に非常に時間がかかることになってしまう。

そこでAquanosの開発したシステムでは、藻類が酸素を生みだすエリアと微生物が汚水の浄化を行うエリアとを別々の水槽に分けている。微生物が汚水の浄化を行う段階で、藻類によってあらかじめ酸素が充填された水も同時に流す。こうして、この二種類のちいさな生き物の役割を、水質浄化のためにフルに引き出すことが出来るというわけだ。

これまでに確立されてきた微生物による排水処理の技術を、Aquanosは既存のテクノロジーをうまく組み合わせることで新しい段階へと引き上げたと言えるだろう。このシステムを引っ提げ、彼らはアメリカやヨーロッパ、東南アジアといった世界中の環境技術系見本市や国際会議に積極的に参加し、非常に高い評価を得てきた。2015年にはイスラエルの水質処理関係の技術コンペティションCleanvest Cupで最優秀企業に選ばれている。

aquanos_1
新製品GEMINI
(出典:Aquanos公式ページ

2016年の春には、長く開発を続けてきたシステムを応用して、個人の農場に配置できる小型の廃水処理槽GEMINIが商品化された。暑さの厳しい気候であるイスラエルの農場では、熱から牛や豚などの家畜を守るために毎日大量の水が利用される。そのため、農業による環境の破壊を防ぐのに水質浄化の高い技術が必要不可欠なのだ。

Aquanosの技術は今日もイスラエルの農業の発展と環境の維持に貢献している。世界各地で積極的な売り込みをかけている企業でもあるだけに、今後の国際的な事業展開にも注目したいところだ。

会社概要

会社名 Aquanos
CEO Udi Leshem
設立年 2011年
拠点 イスラエル
社員数 1-10人規模
事業内容 微生物と微細藻類を利用した水質浄化技術の研究開発
主な製品 農場向けの小型汚水処理槽、GEMINI
会社URL http://aquanos.net/
沿革 2011年 現CEOのUdi Leshemが創設
2013年 アメリカの汚水処理専門会社World Water Worksから出資を受ける
アメリカの環境技術系見本市WEFTECに参加
2014年 スペインで行われたヨーロッパ微生物応用会議に参加
今日まで世界各地の見本市や会議に積極的に参加している
2015年10月 水・環境関連技術の会議Watec Israelにて、コンペティション Cleanvest Cupで最優秀企業に選ばれる
2016年4月 小型汚水処理槽GEMINIが完成、一号機が設置される

メンバー紹介

aquanos_member

Udi Leshem
創設者・CEO
マサチューセッツ大学アマースト校で環境工学を学び、修士号を取得している。卒業後は水関連の技術系企業でコンサルタント、技術開発やマーケティングに携わっていた。

Remy Blanc
CTO
ヘブライ大学で環境科学の修士号を取得する。イスラエルで最も大きな公立の汚水処理施設や、オランダのDHV Water社の子会社DHV MED Ltdに努めるなど、実に17年にわたって汚水処理の世界に携わってきた。

TAG ,

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |