家庭の中でさまざまに活躍するアシスタントロボット-JIBO

CATEGORY: GENIUS

TAG:

マサチューセッツ工科大学(MIT)のシンシア・ブリジール准教授が創業したJibo社は高度な社会的なロボット技術を通して忘れられない経験を作成するための専用のデザイン主導型企業である。
同社が開発した世界初のソーシャルロボットJIBOは、家族の声に反応して笑ったり体をくねらせたりする表情豊かな家庭用ロボットである。見た目はまるでピクサーのロゴキャラクターのようなそのロボットは人の声に反応して動作するだけでなく、人の顔を認識して写真を撮ったり、電気のスイッチをオン・オフしたり、スケジュールをリマインドしたり、メールの受信を知らせたり、絵本を読み上げたりなどの機能が付いている。まさしく立派な「家族のアシスタント」だ。
cynthia_2
(出典:Jibo公式ページ

JIBOの開発費用は、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うクラウドファンディングで集められた。クラウドファンディングサイト「Indiegogo」に登場してからわずか2日間で、目標額の10万ドルをはるかに上回る90万ドル超の資金を集めたというから驚きである。

JIBOは発売前から世間の関心を引き、2015年の発売当時、メディアで大きく取り上げられた。一例を紹介するとYahoo!ニュースでは、「JIBOの可能性はカジュアルな会話や、日々のタスク完了をはるかに越えて延びています。」、Wiredでは、「このフレンドリーロボットはいつかあなたの家族の個人的なアシスタントになるでしょう。」 また、Mashableでは、「JIBOは、ただの電化製品でなく、コンパニオンであり、人間を喜ばせるようなやり方で人間と相互作用し、人間に反応する。」と紹介された。これらを見てもJIBOの発売に世間がとても注目していたことがうかがえる。

JIBOの特徴

jibo_2
(出典:Jibo公式ページ

See(見る):2つのカメラによる顔認識、写真撮影、ビデオ通話が可能
Hear(聞く):360度対応のマイクロフォンで、自然な言語処理が可能
Speak(話す):ハンズフリースピーカーで予定やメッセージを通知
Learn(学習):人工知能によって、貴方の好みを学習
Help(お手伝い):まるで秘書のように、毎日貴方の仕事を手助けしてくれます
Relate(理解):貴方の感情をより自然に理解してくれます

さて、これほど魅力的なロボットとくれば、どうにかして手に入れたい所だが、残念ながらJIBOは現在売り切れ中、正規のルートでは入手不可能である。また、アメリカで開発された物なので、当然ながら英語にしか対応していない。

しかし諦めるのはまだ早い。なんと、携帯電話会社としてお馴染みの「KDDI」が、JIBOの投資に乗り出したのだ。これは当然、日本語化しての発売を見越しての事であろう。 具体的な話はまだ上がっていないが、近いうちに日本の家庭でも、JIBOとお喋りする光景が見られるかもしれない。

会社概要

会社名 Jibo
CEO Steve Chambers
設立年 2012年
拠点 アメリカ合衆国
社員数 約200名
会社URL http://www.jibo.com

メンバー紹介

Steve Chambers(スティーブ・チャンバース)

Steve Chambers(スティーブ・チャンバース)
最高経営責任者(CEO)
ビジネス幹部。Jibo社に来る前は、Nuance and Polycom.社で働いていていた経験があり、グローバル市場に革新的かつ経験値の高い消費者技術をもたらした。

Cynthia Breazeal(シンシア・ブリジール)

Cynthia Breazeal(シンシア・ブリジール)
創設者&チーフサイエンティスト
ソーシャルロボティクスのパイオニアでありMIT准教授であり、ロボット研究の第一人者として知られる人物だ。JIBOに込められた彼女の長年の研究成果と深い専門知識は、世界に影響を与えている。

Matt Revis(マット・レヴィス)

Matt Revis(マット・レヴィス)
VP製品管理者
Nuance社で約15年間音声技術や人工知能の開発に取り組み、世界をリードするデバイスのヒューマンマシンインタフェースを作成してきた。

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |