フィットネスに新革命!どこでもプロトレーナーの指導を受けられるアプリを開発-GAIN Fitness

CATEGORY: STARTUPS

TAG:

世界最大のフィットネス大国、アメリカ。フィットネス業界の経済情報紙、Fitness Businessによると、2015年におけるフィットネスクラブの会員者数は全米で約5,500万人、売上高は258億ドルにも達します。我が国日本(421万、43.8億ドル)と比較しても、いかにエクササイズが身近にあるかがよくわかります。(参考:「日・米・英の民間フィットネスクラブ産業市場データ」

しかし、何かと忙しい現代社会。日本と同様「ジムに通う時間がない!」と感じている人も少なくありません。そういう人向けに、自身のライフスタイルに合わせてプロのトレーナーが個別指導してくれる「パーソナルトレーニング」というサービスがありますが、高額でなかなか利用しづらいのが現状です。

今回紹介するのは、そんな忙しい人のために「パーソナルトレーナー付きエクササイズ系モバイルアプリ」を開発した、GAIN Fitness社です。

一人ひとりに合わせた運動メニューをアプリ経由で提供


(出典:GAIN Fitness公式YouTube)

GAIN Fitness社は、「ワークアウトに革命を起こし、フィットネスを日常生活に浸透させる」という理念を掲げ、2009年に設立。自社開発アプリを通じ、専属のパーソナルトレーナーとマンツーマンでトレーニングを行えるサービスを展開している、サンフランシスコ発のスタートアップ企業です。


GAIN Fitnessアプリで、ワークアウトをレクチャー
(出典:GAIN Fitness公式ページ

アプリには自分のみ(トレーナーなし)でトレーニングを行う無料版と、トレーナーによるサポート付きの有料版が用意されています。当記事では、有料版について解説します。

有料版を利用するメリットは何と言っても「場所・時間を選ばず、トレーナーによる指導の下でトレーニングを始められる」ところにあり、担当トレーナーと実際に顔を合わせるのは初回の会員登録時を含め、月1回のみでOKとのこと。

運動メニューはユーザーの体型・目標・スポーツ器具の有無・ライフスタイルに合わせてオーダーメイドされ、トレーナーから専用アプリで受信するシステムとなっています。画像でわかりやすくレクチャーをしてくれるので、一人で筋トレやストレッチに取り組むことができます。

「続けられるかどうか心配・・・」と思っている方でも安心して利用できるように、アプリにはメッセージ機能が搭載されており、面会日でなくても常時トレーナーと直接コンタクトを取ることが可能。体力づくりに対するモチベーションを維持できるように工夫されています。

また、同社独自のテクノロジーを駆使し、ワークアウトの進み具合をトレーナーが随時確認。ユーザーの体力やスケジュールに応じて、回数・セット数・種目などをリアルタイムに提案・変更してくれるのが同社の強みとなっています。

利用料は月109米ドル。従来のパーソナルトレーニングの約1/5の価格を実現し、ジムに限らず自宅・外出先・職場・出張先などでもプロのアドバイスを受けながらワークアウトができるので、ユーザーから好評を得ています

100万人超のユーザーが利用


頼もしい専属トレーナーたちが徹底サポート!
(出典:GAIN Fitness公式ページ

現在、GAIN Fitness社はサンフランシスコ、NYなど4つの地域に拠点を持ち、100万人以上がアプリを愛用。ダイエット・筋トレ・ヨガ・リハビリなど幅広い分野で、専属トレーナーたちが活躍を見せています。

まだ4拠点なため、同社のパーソナルトレーニングを利用できる人は限られていますが、先述の「ワークアウトに革命を起こす」という信念を持って、アメリカひいては健康志向が高まっている日本でも「アプリ+パーソナルトレーナー」が浸透をさせる日が来るかもしれません。

会社概要

会社名 GAIN Fitness
CEO Nicholas Gammell
設立年 2009年
拠点 アメリカ San Francisco CA
社員数 11~50人規模
事業内容 フィットネス用アプリの開発
主な商品 GAIN Fitness
会社URL http://gainfitness.com
沿革 2009年 設立
2011年7月 同社初アプリをiPhoneにてリリース
(参考:TechCrunch ”Personalized Training Platform Gain Fitness Launches iPhone App”

メンバー紹介

Nicholas Gammell
CEO
カーネギーメロン大学卒。ファイナンシャル・アナリストとしてYouTubeやGoogle社で勤務した経歴を持つ。GAIN Fitness社設立後、サブスクリプション型ビジネスモデル構築のため、ベンチャーキャピタルから250万米ドルの資金調達に成功。
(参考Linkedin:https://www.linkedin.com/in/nicholasgammell/

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |