4月人気記事ランキング5選

CATEGORY: SAKIGAKE

TAG:

本稿では、4月ユーザー数の多かった記事をランキング形式で紹介していきます。
それでは第5位からどうぞ!

第5位:癌を「治す」から「予防する」時代へ-Foundation


第5位は、Foundation Medicine社です。
遺伝子の塩基配列を高速に解析できる装置であるNGS(次世代シーケンシング)を用いて、個人のゲノムプロファイルを提供し、患者に対し高精度の治療方針を支援する癌ゲノム診断を行っています。

これにより、早期の癌特定だけでなく個人の遺伝子家系も考慮した、よりオーダーメイドな治療を選択できるようになります。

Foundation Medicine社は、癌ゲノム医療のパイオニアとして注目されているスタートアップです。

第4位:ピッキングロボットの活躍が、物流業界の未来を変える。- Iam Robotics

第4位は、Iam Robotics社です。
物流業界で注目されているピッキングロボットを提供しているIam Robotics社。

従来はロボットの導入に際し、ロボットに合わせて倉庫内のシステムを変更しなければならない、またより広範囲のスペースが必要といった問題が存在していました。

しかしI am Robotics社のピッキングロボット(SWIFT)は倉庫の構造やシステムを変えずに使用することが可能。

また同社の3D Product scanner(FLASH)は、新たに在庫として入荷された製品のバーコード、サイズ、重量などの情報を数秒で記録し、倉庫管理システムと同期、SWIFTに情報の送信が可能です。

SWIFT、FLASHの活用で倉庫内のオートメーション化が期待できます。

第3位:一人一人の心に寄り添う24時間体制のメンタルヘルスケア-Ginger.io


第3位は、Ginger.io社です。
様々なストレスを抱える現代社会において、精神面をサポートするセラピストは重要な存在です。Ginger.io社が提供するアプリにより、マッチングされたセラピストと24時間いつでも無制限にメッセージのやり取りをすることが可能です。

また月額129ドルの定額制の為、費用を気にすることもありません。

やりとりされたメッセージの内容、使用者の行動データを分析することで、心身が回復するまでの具体的処置が解析され、適切なケアを提供することも出来ます。

メンタルヘルスケアの分野で注目のスタートアップです。

第2位:銀行間国際決済に仮想通貨の根を張り巡らせる-epiphyte

第2位は、ブロックチェーンベースの国際送金決済サービスを提供するepiphyte社です。

決済処理の高速化とともに、第三者機関の「中抜き」による低コスト化が可能になります。また取引履歴をユーザー同士で共有し合う分散型台帳システムは、その透明性から第三者機関を必要とせず、改ざんなどを防ぐセキュリティーの確保が見込めるというのも特徴です。

クラウドやブロックチェーンなどのデジタル技術の進展を金融取引の世界に持ち込み、決済処理の高速化、コストの低減、デジタルサービス間の相互接続を実現し、すべての利害関係者が利益を享受できる世界を目指すepiphyte社。

epiphyteとは英語で「着生植物」を指す言葉ですが、新たな金融決済の生態系を着々と広げるEpiphyte社のさらなる成長から目が離せません。

第1位:サイバー分野における検知型から隔離型への変革の萌芽-Fireglass


第1位は、Fireglass社です。
Fireglass Threat Isolation Platformと呼ばれるプラットフォームによりウェブページやEメール、文書を隔離することによってマルウェアやフィッシングだけでなく、未知の攻撃をも防ぐことを可能にしています。

従来の検知型では、インターネットから潜在的な脅威を完全に排除することはできないと述べるCEOのGuzner氏。

Fireglass社が提案する新しいサイバーセキュリティ―は世界に広がっていくのか、今後も注目です。

総評

今月は、ヘルスケア関連の記事が2つランクイン。
やはり我々の生活、健康と深く関わる分野である為、読者の方々の関心も高いようです。

また個人的にはブロックチェーン関連の記事に注目しており、今後アクセスが増えるのではないかと予想しています。

次回5月はどの様な記事が人気を集めるのでしょうか?
来月も海外のスタートアップ情報を発信していきますので、ご参考にしてください。

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |