農作物の状態を見える化!水やりも自動化で農作物の育て方を改革する-Edyn

CATEGORY: STARTUPS

TAG:

農業というと辛い、ずっとそばにいないといけない、など重労働のマイナスイメージを持つ人が多いのではないだろうか。しかしそれはデジタル化によって大幅に手間・必要な知識を減らすことができる。今回はそのような状況をよりスマートに解決しようとしている一企業を紹介する。

刺すだけで農作物のデータがまるわかり!?

%e5%ae%9f%e5%a5%88%e7%be%8e-%e5%b2%a1%e7%94%b0-edyn4
(出典:Edyn社公式サイト

農業従事者と言えば、いつも付きっ切りで農作物の世話をしなければいけない。そんなかなり大変なイメージをお持ちではないだろうか?しかし今は現代のテクノロジーを駆使して時代に合った農業スタイルを提供している会社がある。「農作物の育て方を改革する」それが今回紹介するEdyn社の人たちのビジョンだ。今、科学者・技術者・デザイナーたちが一致団結して農業界の生産方法を変えようと努力している。

「Edyn」は彼らのガーデンシステムの商品名でもある。植物たちを効率よく完璧に管理し、生産物の成長を促してくれる。使い方はとても簡単で、農作地の土壌に刺すだけ。それだけであとはアプリケーションをスマートフォンでインストールすれば準備は完了だ。気候の変化や植物らの状態をいち早く、どこでも確実に情報にして届けることができるのである。

持っているデバイスで簡単にどこからでも情報をキャッチ

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
(出典:AppStoreでのEdyn社アプリ公式ページ)

詳しく紹介しよう。彼らはガーデンセンサーとウォーターバルブの二つの商品を主に提供している。リアルタイムで手持ちのスマートフォンにお知らせが届くようになっているのだ。これでどこからでも自分の農場の状況を把握することができる。昔では考えられなかったような管理体制だ。

ガーデンセンサーとは名の通り、土壌の状態であったり、作物の状態を把握してお知らせしてくれるものである。光の当たり具合・湿気・栄養度などをメーターにして上記写真のように表示してくれる、非常に見やすいシステムになっている。スマートフォンのEdynアプリと連携し、該当の有益情報をいち早く教えてくれるのだ。

一方のウォーターバルブとは野菜や果物・花などに必要な量だけの水を正確に、そして自動的に計算して割り出してくれるものだ。一般的に難しいとされている水の量調節なども、これがあれば知識などもう必要ない。ウォーターバルブを使えばもう水のやりすぎなどありえない話になるのである。

Edyn社のガーデンセンサーは約100ドル、ウォーターバルブは69ドルで販売している。値段もそれほど高くはない。つい最近まで田舎で自然と共にオーガニックな生活をイメージさせていた農業従事者がこのようにテクノロジーを駆使して生産していくのは遠い未来の話ではないだろう。

会社概要

会社名 Edyn
CEO Jason Aramburu
設立年 2013年
拠点 アメリカ合衆国
社員数 1-10人
事業内容 農業IT
主な商品 Hardware, Gardening, Internet of Things, Design, Mobile App Development
会社URL https://edyn.com/

公式Linked Inサイト:https://www.linkedin.com/company/edyn

メンバー紹介

%e5%ae%9f%e5%a5%88%e7%be%8e-%e5%b2%a1%e7%94%b0-edyn5

Jason Aramburu
CEO
創設者でありEdyn社の最高責任者。環境学者で土壌学者であり、自然とそれに関する電子デバイスに情熱を傾ける。フォーブズ誌での30歳以下で社会を動かした偉人トップ30に選ばれたこともある。プリンストン大学で環境進化生物学者の学士号を取得。パナマの熱帯にあるスミソニアン熱帯研究所で土壌学者として働いていた。

%e5%ae%9f%e5%a5%88%e7%be%8e-%e5%b2%a1%e7%94%b0-edyn6

Paul Cowgill
最高技術責任者
日中、社会人としてEdyn社ではバックエンド・モバイル・ウェブ・データサイエンス・商品、デザインチームとしての仕事などなど実に多くのことを手にかけている。しかし夜には帰宅してコメディと音楽が大好きな男性へと早変わり。

%e5%ae%9f%e5%a5%88%e7%be%8e-%e5%b2%a1%e7%94%b0-edyn7

Mamadou Bobo Diallo
ソフトウェアエンジニア最高責任者
Boboと呼ばれている。Edyn社のソフトエンジニアとして日中はコンピュータにおいて主にOS やハードウェアといった基礎部分であるプラットフォームの稼働時間調整やモバイルアプリケーション作りをしているが、それ以外の時は宇宙のダークマターについて塾講することに時間を費やしている。

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |