新たなアプローチ!利益追求型の環境対策-Liquid Light

CATEGORY: STARTUPS

TAG:

地球温暖化が叫ばれ始めて一体どのぐらいの時間が経過しただろう。環境の変化を感じることは多くなったが、誰かが何とかしてくれると、まだ他人事のように考えている人が多いのではないだろうか。

Liquid Light社は、目まぐるしく変化していく環境を独自の技術で止めようと奮闘している企業である。こんな企業があると知ることが自分自身の意識を変えることになるはずである。Liquid Light社の小さな一歩の積み重ねが、大きな進歩を生み出し、世界を変えることになるのかもしれない。

損をしない環境対策

地球温暖化の原因に、二酸化炭素などの温室効果ガスがあることを知っている人は多いと思う。Liquid Lights社が開発した技術は、そんな二酸化炭素を他の化学物質に変える。そのため、二酸化炭素の削減につながるのである。触媒と言われる化学反応で電気をつくり、その電気を使って、二酸化炭素を化学物質に変えるのである。そして、更にその化学物質を水素化、精製し、使用可能な化学物質ができる。エチレングリコール、アルコール、オレフィン、ぎ酸などの化学物質がそれにあたる。

作り出された化学物質は、炭素系化学物質として、主に需要の高い商品の製造に使用されることになる。ペットボトル、タイヤ、スマホ、薬、農薬など様々な商品がそこから作られ、商業的にもこの化学物質を作るメリットは、大きい。これらの要素を考えるとLiquid Light社が開発した技術は、大きな利益と共に環境負荷を抑制できる画期的なものであると言えよう。
liqiud-light_1
二酸化炭素と原料があわさって化学物質ができる過程
(出典:Liquid Light社 公式ホームページ

環境にやさしい技術

Liquid Light社の技術は、二酸化炭素と原料となる物質を共に処理することで低価格で最大限の化学物質を作れるのだが、ただしそれは、原料が低価格でかつ効率的な生産技術があるからである。また、一つの工場で用途の多い複数の化学物質を作れるので、工場を大きくしてもリスクは少ない。

しかし、Liquid Light社の技術は、それだけに止まらない。Liquid Light社は、Bio-CO₂という物質を使って、生成過程を減らし、低コストかつ短時間でトウモロコシやサトウキビからペットボトルを作ることに成功した。Liquid Light社に投資をする投資家も多数いるほか、コカコーラ社と技術提携契約を結んでいるところから、その技術の高さが窺える。

まとめ

オセアニアにツバルという国があるのだが、島国で海に囲まれた美しいところである。しかし、近年の地球温暖化が原因で海水面が上昇して、島の砂浜が波にさらわれ、無くなってしまったのを最近テレビで見たところだ。住民は砂を集めて砂浜を人工で作ったのだが、また波にさらわれ困っているというものだった。

しかし、このような現状を知っても、温暖化の影響を感じても、それほど大きなことは個人ではできない。国や企業レベルで取り組むことがやはり重要である。だから、Liquid Light社が二酸化炭素を削減できる技術を開発したことは、社会にとって喜ばしいことである。

環境問題は、未来を生きる人のために解決しておかなければならない。その意味では、Liquid Light社のような企業の活躍を期待すべきではないだろうか。環境へのやさしさは、ひいては未来の人に対するやさしだと筆者は考える。

会社概要

会社名 Liquid Light
CEO Dave Law
設立年 2009 年
拠点 ニュージャージー 州(アメリカ)
社員数 50 人
事業内容 バイオ化学
主な商品 Bio-CO₂
会社URL http://llchemical.com/
沿革 2009年 Liquid Light社 設立
2014年8月 出来事
2013年8月 創業者のEmily Cole氏が35歳以下のMIT Technology Review’s Innovatorsの一人に選ばれる
2014年10月 Liquid Light社がクリーンテック100のRising Starに選ばれる
2015年4月 Dave Law氏がCEO就任となる

メンバー紹介

avotor

Dave Law
CEO
カンザス州立大学 ケミカルエンジニアリングーオーナープログラム 学士、
ヒューストン大学でMBA 取得
化学工場でオペレーションの経験33年以上
Production and Technology for Basic Chemicalsで副社長となる
the Chlorine Instituteで6年間 取締役を務める

avotor

Emily Cole
CSO・創業者
テキサス大学オースティン校 ケミストリー 学士
プリンストン大学 ケミストリー 博士 取得
Dr. Andrew Bocarslyの研究所で二酸化炭素を液体燃料や化学物質に変える研究を行う
the Bocarsly Groupの成功を導く

avotor

Chris Lowe
CFO
カリフォルニアポリテクニック州立大学サンルイスオビスポ校で学士
セントマリーズ大学でMBA 取得
多くの公的、私的企業でCEO、CBO、CFO、取締役を歴任
Audit Committees と Compensation Committeesに席がある

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |