どこにいても世界中の医師に相談できるプラットフォームを作ったスタートアップ-RingMD

CATEGORY: STARTUPS

TAG:

体調が悪かったりしても、平日医療機関や薬局が開いている時間には帰れないし、土曜日に混雑した医療機関で待つのも嫌だな〜という方多いかもしれませんね。
今回は、自宅でまたは仕事の休憩時間にカフェであなたの携帯電話やパソコンから医師に相談できるサービスを紹介します。

どこにいても医師に相談できる

RingMD社は、いつでも医師にコンタクトできるオンラインプラットフォームを提供するシンガポールのスタートアップ企業です。2013年にNational Research Foundation(シンガポール国立研究財団)から資金を受け、社名と同じ名前のサービス「RingMD」を発表しました。RingMD上では、世界中から参加している医師へ直接コンタクトがとれます。医師、患者がどこにいるかは関係ありません。言語も現在13言語から選択でき、中国、香港、インド、フィリピン、タイ、パキスタンなどの新興市場やアメリカのような成熟市場にも進出しています。

RingMD の使い方

Web上でアカウント作成するか、アプリをダウンロードし登録します。登録自体は無料でロケーション(場所/国)、言語、医師の専門分野から検索し表示された医師の詳細プロファイルを確認、気に入れば[Favorite]に登録または、オンライン診察の予約をします。予約時にはビデオか電話を選択し、相談内容や理由を記載し日時を選択、費用支払いのためクレジットカード情報を入力し[Appointment]をクリックします。

医師からの確認連絡が入れば予約成立です。オンライン診察日時にログインまたはアプリを立ち上げ医師からのビデオまたは電話を受け診察を受けます。
セキュリティ確保のためRingMDはHIPPA(Health Insurance Portability and Accountability Act:アメリカの医療機関における患者情報の機密性、統合性、および可用性を維持することを目的に定められた法律)準拠の接続技術を使用し、患者に安心してどこにいても医師の診察を受ける環境を提供しています。
RingMD アプリ
・AppStore(https://itunes.apple.com/jp/app/ringmd/id878900126?mt=8
・GooglePlayStore(https://play.google.com/store/apps/details?id=com.mpg.ringmd&hl=ja

RingMDアカウント登録はこちら
https://www.ring.md/account/register

RingMDができたきっかけ

RingMD社CEOのJustin Fulcher氏が東南アジアを旅行した際に忘れられない光景を目にしたことがきっかけだそうです。Justin氏はある一人の男性が地面から水を飲むのを目撃しました。Justin氏は、男性が汚染された水を飲むことによる危険性を知らないか、忘れているのではないかと思いました。その後男性と言葉を交わした際、驚いたことに彼はスマートフォンを持ちJustin氏と英語で会話が出来ました。この経験がJustin氏に、スマートフォンを持つ患者と世界の医師を繋ぐことが出来れば、患者たちは適切な医療アドバイスをスマートフォンを通じて受けられるのではないだろうか?というアイデアをもたらしました。

RingMDで患者は身体検査データの共有をしない診察(相談)だけを受けることも可能ですし、手首に装着したデバイス(機器)から脈拍や血圧のデータを医師に送信してアドバイスを仰ぐことも可能です。現在は、他の企業や団体とパートナーシップを結び途上国の農村部にもサービスを展開し始めています。RingMDを利用する多くの人々が経験のある医師とコミュニケーションがとれるようになってきています。
ringmd_1

(写真:RingMD ブログより

日本でも医師偏在の問題もあり、医師や病院へすぐに行ける環境でない地域でスマートフォンや暗号化技術を使用して診察が受けられ、セカンドオピニオンを確認できるのは患者さんにとって非常に助かりますね。また都市部で診察時間に受診できない忙しいサラリーマンも自分の健康チェックが手のひらでできるようになるのは画期的ですね。

会社概要

会社名 RingMD
CEO Justin Fulcher
設立年 2013年
拠点 シンガポール
社員数 51-200名
事業内容 医師にオンラインで相談できるプラットフォームを展開
主な商品 RingMD(最先端技術を利用し国境を越えて医師と患者をつなぐヘルスケアネットワーク)
会社URL https://www.ring.md/
沿革 創業者であるJustin氏は7歳からプログラミングを始め、13歳で最初のソフトウェア会社を設立しました。20歳の時にRingMD社を立ち上げ現在は10カ国以上に広がっています。

メンバー紹介

ringmd_3

Justin Fulcher
創業者、CEO
アメリカ人。1990年生まれ。7才からコーディングを学び、10歳で最初のビジネスを始めたという起業家です。その後DodgeballというSNSチームに参加しキャリアを築き、その後東南アジア各地を回ってスタートアップのアドバイスや投資をした後シンガポールでRingMD社を立ち上げました。

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |