カード決済の常識を変える!定期料金、高額支払にも使えるオンラインサービス-Plastiq

CATEGORY: STARTUPS

TAG:

皆さん、クレジットカードはよく利用しますか?私はネットで何か買ったりする時にはよく利用しますが、それ以外では正直なところあまり使いません。支払先によってはカード払いに対応していない場合だってありますよね。

ここで紹介するPlastiq社は、カードによる支払いを、より幅広い分野で可能にし、便利にする画期的なオンライン決済サービスを提供しています。

サービス一つで、支払管理を簡単に

Plastiq社のサービスでは、アカウントを登録し、請求書の支払先や支払期限などの情報を入力するだけで、それぞれの支払先毎にログインや認証をする必要なく、簡単にクレジットカードやデビットカードで支払うことができます。

このサービスが画期的なのは、たとえ支払先がカード払いに対応していなくとも、サービスを通じてカードによる支払いができてしまうところです。電気代やガス代、学校の授業料、更には車の購入費やローンなど、従来はカード払いに対応していない分野でも、高額な支払いでも、カード払いの幅を広げられるのがこのサービスの特徴です。

複数のカードによる支払履歴をオンラインで一括管理でき、更に、登録した請求書の支払期限が近づくと通知してくれる機能もあるので、支払管理の面倒も省いてくれそうです。

Plastiq社のサイトから登録して使用できるこのサービスですがiOS対応のモバイルアプリからも利用が可能です。このモバイルアプリの機能もなかなか画期的で、なんと請求書の写真(スクリーンショット)をアップロードするだけで、支払先情報の登録ができてしまうんだそうです。

plastiq_1
(出典:Plastiq社公式サイト)

これだけ簡単にインターネットで支払いできてしまうとなると、カード情報が漏れないかなど、セキュリティ面も気がかりですが、Plastiq社のサービスでは、カード番号や個人情報などの重要なデータを保護するためのSSL暗号化通信や、詐欺防止のための多段階認証、サイバー攻撃からシステムを守るための脆弱性スキャンなど、セキュリティ対策もしっかり施されているので、安心して使うことができそうです。

起業のきっかけは、一つの疑問

幅広い分野で、便利なカード払いを実現するPlastiq社ですが、その起業のきっかけはCEOのEliot Buchanan氏の抱いた一つのシンプルな疑問でした。

ハーバード大学に在学していたEliot氏の抱いた疑問、それは、「なぜ大学の授業料はクレジットカードで払えないのか?」ということでした。この疑問を解決すべく同氏は「誰でも、何でもカードで支払えるようにしたい」という想いから、授業料の支払いをオンラインで行うサービスを提供する4ward Thinking社を在学中に起業。同社の成功を受け、学生時代の友人であるDaniel Choi氏と共にPlastiq社を創業し、カード払いを更に多様な分野で可能にする現在のサービスの実現に至ったようです。
plastiq_2
(出典:Plastiq社公式サイト)
「授業料をカード払いできないのは当たり前」ではなく、「なぜできないのか?」と疑問にして追究するという発想は、なかなか思いつけないですね。

あとがき

クレジットカードを利用したオンライン決済サービスというと、真っ先に思い浮かぶのがPayPalですが、主に特定の店舗でのショッピング用であるPayPalに対して、Plastiq社のサービスは従来はカード払いに対応していないものもカードで支払えるというのが魅力的だと感じました。

ただ残念なことに、Plastiq社のサービスは、現在アメリカとカナダでしか利用できません。しかしそこは成長中のスタートアップということで、まだ利用地域の拡大も考えられます。アプリのAndroid対応も是非期待したいです。

会社紹介

会社名 Plastiq Inc.
CEO Eliot Buchanan
設立年 2012年
拠点 アメリカ
社員数 11-50人規模
事業内容 オンラインカード決済サービスの開発
会社URL http://www.plastiq.com
沿革 2012年 創業。オフィスをBessemer Venture Partnersに移転。Flybridge CapitalAtlas Venturesよりシードラウンド投資を受ける。アメリカ・カナダの学校と提携。
2013年 Flybridge Capital、Atlas VenturesよりシリーズAラウンド投資を受ける。民間のクラブ会員費の支払がサービスで可能になる。カナダの税務署Canada Revenue Agencyへの支払方法にサービスが指定される。H & R Block社とキャンペーンを共催。
2014年 財務管理ソフトウェアを開発するIntuit社とキャンペーンを共催。Khosh VenturesよりシリーズBラウンド投資を受ける。公益事業費の支払いもサービスの対象となる。サンフランシスコにオフィス移転。
2016年 iOS対応アプリを発表。(参考:TechCrunch)Khosla Venturesより投資を受ける。(参考:CrunchBase)

メンバー紹介

plastiq_3

Eliot Buchanan
CEO・創業者
ハーバード大学で経済学の学士号を取得。大学在学時にPlastiq社を起業し、決済システムに関する特許も取得している。2013年にはボストン・グローブ誌Hive 25 Under 25にも選出された。(参考:Business Interviews)

plastiq_4

Daniel Choi
プロダクトリーダー・創業者
ハーバード大学でコンピューターサイエンスの学士号を取得。現在はPlastiq社でサービスのUI/UXデザインやカスタマーサービス、リスク・コンプライアンスマネジメント、財務管理といったサービス運営の統括を行っている。Fortune 40 Under 40の受賞歴も持つ。(参考:LinkedIn)

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |