脳内を視覚化。世界中の脳疾患者へ希望を与える-Mint Labs

CATEGORY: STARTUPS

TAG:

脳内が見えるようになったらどれだけの人の命を救うことができるのでしょうか?もしもそれができるようになったなら、脳内でいったい何が起こっているのかが分かり、早期に適切に治療をすることができます。

でも実際には頭を切り開かなければ見ることはできません。そんな「どうやったら脳内を見ることができるのか」に注目し研究開発を行なった会社が「Mint Labs」社です。

使命感が生んだMint Labs社開発の「神経画像解析ツール」

mint-labs_2
(出典:Mint Labs公式ホームページ

世界中で多くの人が脳障害を患っています。なかでもアルツハイマー病は、世界でもっとも流行している脳疾患のひとつ。世界中で2,600万人の人が苦しんでおり、乳がんと前立腺がんを合わせた人よりも多くの人々の命を奪っている、とMint Labs社は語っています。(参照:Mint Labs社公式ホームページ

Mint Labs社の開発した「神経画像解析ツール」は医療機関などで撮影したMRIの画像データを基に分析し、脳内を視覚化することができます。そうすることで、脳障害が起こる可能性を予測、また診断する事が可能になったのです。実現できるのは自分達しかいない、という使命感が生んだ結果です。

独自の技術で脳内の活動を定量的に評価することで、脳内損傷があるところは色などで簡単にわかるようになっています。「アルツハイマー病」「パーキンソン病」「脳腫瘍」「てんかん」「統合失調症」などの重い疾患病も早期発見することができるのです。

Mint Labs社の恩恵を受けている多くの人達

%ef%bd%8dint-labs_3
(出典:Pixabay

Mint Labs社の研究開発で多くの人々に恩恵がもたらされています。患者様は勿論のこと、50以上の医療機関と提携し、共同研究を行っています。ほかにも製薬会社に対してもこの画像サービスは提供されていますのでその影響は、患者様が直接目にすることがないところでも広がっています。

それは神経画像解析ツールが安全性にも優れている事が理由の一つです。大規模で不安がともなう脳神経外科手術や造影剤の投与をしなくても、脳内を見ることができるので安心して導入することができます。

患者様だけではなく家族も治療を施す立場の方も安心して用いることができますので、先進技術が生んだ恩恵はこれからも多くの人に広がっていくといえます。

まとめ

世界中で多くの人が脳疾患を患っています。脳疾患の怖いところは、脳内で起こっている異常が見えないこと。症状となって出たころにはもう手遅れ、という状況になる可能性が高いことです。もし視覚化できれば脳の異常にも早く気付くことができるのに、そんな願いがMint Labs社の開発研究によって安全な方法で実現されたことはとても嬉しいことです。

Mint Labs社のメンバーが、自分達しか脳内を視覚化することはできない、という使命感を持たなければこの開発は実現していなかったことを考えると、人が持つ使命感は大きな力を生み、多くの人の命を助けることができるのだと改めて知ることができました。

会社概要

会社名 Mint Labs
CEO Paulo Rodrigues
創業 2013年
拠点 アメリカ合衆国
社員数 11-50人規模
事業内容 ヘルスケア、バイオテクノロジー、クラウドコンピューティング、医療、神経科学
主な商品 神経画像解析ツール
会社URL http://www.mint-labs.com
沿革 2017年2月7日 Paulo Rodrigues博士とDr, Vesna Prchkovsaはスペインで行なわれたBrainhack Global 2017の基調講演を行ないました。(Brainhackとは、研究者を神経科学的なプロジェクトに結集させるためのグローバルな取り組みのこと)
2016年12月20日 ジャーナリストで有名なAnna Cabanillas氏のインタビューを受けました。

メンバー紹介

Paulo Rodrigues

Paulo Rodrigues
最高経営責任者、共同創業者
ソフトエンジニア。神経画像解析の博士号を所持。これらの2つの価値を結びつけて想像し、医療に真のインパクトを与えています。Minho大学を卒業、生物化学工学の学位を所持しています。(出典:Linkedin

Vesna Prchkovska

Vesna Prchkovska
最高戦略責任者、共同創業者
高角度分解拡散イメージング博士号を所持。彼女の目標は、脳の状態をイメージできる新しい技術ツールを開発し、神経患者の診断に役立つ新しいバイオマーカーを提供することです。(出典:Linkedin

Landon McKenna

Landon McKenna
最高執行責任者、最高財務責任者、セールスディレクター
これまでに培った能力や経験を活かし、手掛けた製品によっていちばん恩恵をもたらすことができる人に提供できることを目指して日々研究開発を続けている。(出典:Crunchbase

David Moreno-Dominguez

David Moreno-Dominguez
神経画像ディレクター
イメージング博士号を所持。科学開発と神経画像処理に関することを監督している。(出典:Linkedin

TAG ,

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |