ソーシャルメディア担当の必須ツール!目標達成を導くAI-Meshfire

CATEGORY: STARTUPS

TAG:

自社の製品やサービスのプロモーションをするためにソーシャルメディアを活用している企業を近頃はよく見かけます。特にツイッターでは企業の公式アカウントが面白い投稿をして話題になるということもよくあります。

ですが、ソーシャルメディアのアカウントを運営する立場からすると、数多くのフォロワーを抱える人気アカウントの担当者の場合、フォロワーの投稿に返信したり、フォロワーの興味がありそうな情報を把握して投稿したりするのに、ずっと画面を見張っていなくてはいけないような忙しい状況に陥る場合もありますし、逆にアカウントを作ったばかりでなかなかフォロワー数や投稿のシェア数が伸び悩んでいるという方も多いでしょう。

そんなソーシャルメディア担当者の悩みの解決に役立つ画期的なツイッターアカウント管理ツールを開発したのがMeshfire社。フォロワー数100万超、毎週1万以上の新規フォロワーを獲得しているというゲーム会社のアカウントの管理の効率化にも貢献したというツールの中核にあるのが、AI(人工知能)の技術です。

「ミッション達成」に向けて具体的な提案をしてくれるAI

meshfire_1
(出典:Meshfire社公式サイト

Meshfire社のソーシャルメディア管理ツールには、ソーシャルメディア担当者が戦略目標を達成するための手助けになる便利な機能が沢山搭載されています。

webサービス及びモバイルアプリ(iOS版Android版) の形でリリースされている同ツールの最も画期的な機能は、AI「Ember」による分析・提案機能。Twitterのアカウントを登録して、そのアカウントで達成したい「ミッション」(「フォロワー数を増やしたい」「こんなキャンペーンをTwitter上で展開したい」など)を設定するだけで、アカウントの投稿内容、フォロー・フォロワー間のトレンド、フォローしている(されている)アカウントの傾向などのデータ分析に基づき、Emberが「このユーザーもフォローすべき」「この投稿をシェアすると効果的」などの具体的な提案をしてくれるのです。

このEmberの機能以外にも、Emberの提案をわかりやすい「やることリスト」にまとめる「タスクボード」や、関連する他のユーザーアカウントを重要度順にまとめたり、特定のキーワードをつぶやいたアカウントを自動的に登録したりできる「スマートリスト」、一つのアカウントを複数人で管理するための「コラボレーション」など、ツイッターアカウント管理を効率化するための機能があります。

Emberは只今絶賛成長中!

AI「Ember」の更なる特徴は、ツールのユーザーによって「学習させる」ことができるという点です。プログラムを追加することで、それぞれのアカウントのミッションに合わせた機能を自由に追加できるのです。

例えば、特定のキーワードを投稿したアカウントに自動的に返信を送信できるようにしたり、重要な投稿を保存して統計に役立てたり、ツイッター以外のソーシャルメディアからもシェアすべき投稿を見つけ出したり…と、可能性は広がるばかりです。

様々な機能を学習して「賢く」なっていくEmberの成長に期待したいところです。

あとがき

以前に何度かツイッター上で「〇〇とつぶやいた方にプレゼント!」というようなキャンペーンを見かけたのですが、Meshfire社のツールは使えば色々なユニークなキャンペーンを実行するのにも役立ちそうですね。

「現時点ではツイッターのみに対応」とのことですが、これから他のソーシャルメディアとも連携していくのかどうかも楽しみです。

会社概要

会社名 ReSec Technologies
CEO Dotan Bar Noy
創業 2012年
拠点 イスラエル、米ニューヨーク
社員数 11-50人規模
事業内容 サイバーセキュリティー事業
主な商品 CDRメカニズムをベースとする統合セキュリティーソリューション
会社URL http://resec.co
沿革 2012年 創業
2013年7月 Moldowsky Groupなどから75万ドルの投資を受け入れる。
2016年2月 Founders GroupとPICO Partnersから500万ドルの投資を受け入れる(シリーズAファンディング)。

会社概要

会社名 Meshfire Inc.
CEO Eli Israel
拠点 アメリカ
社員数 2-10人規模
事業内容 ソーシャルメディアアカウント管理用AI搭載ツールの開発
会社URL http://www.meshfire.com
沿革 2012年 創業
2014年 Social Media CampのInnovation ZoneコンテストでInnovative Social Product of the Yearのファイナリストに選出される。
2015年 Global Annual Achievement Awards for Artificial IntelligenceのベストAIスタートアップ部門で第二位に入賞。
2016年 モバイルアプリ版のツールをリリース。Emberの「学習機能」を追加。

メンバー紹介

Eli Israel

Eli Israel
CEO
2002年にクラウドサービス提供会社を設立し、Eメールセキュリティ、ビジネスインテリジェンス、アジャイルプロジェクトマネジメント、プロジェクトポートフォリオ管理などの業務用サービスを多岐に渡り開発してきた。

Amber Osborne

Amber Osborne
CMO(最高マーケティング責任者)・創業者
受賞歴も持つソーシャルメディア戦略家で、スタートアップから世界中で名の知れた大企業にまでデジタルメディアソリューションを提供してきた。国際的なソーシャルメディア業界のカンファレンスで発表も行い、Forbesを始めとする大手メディアにも多数紹介されている。

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |