脳卒中を電気で治療!脳を直接刺激し血流改善-BrainsGate

CATEGORY: GENIUS

TAG:

日本人の死因第三位である脳卒中。通常は服薬などで行われる治療に、イスラエルのスタートアップBrainsGate社により新たな選択肢が生まれつつあります。

三大成人病のひとつー脳卒中とは?

脳卒中とは、脳の血管が詰まったり、破けたりして、脳の細胞に血液が届かなくなる病気です。大きく分けると、①血管が詰まる「脳梗塞」、②血管が破れる「脳出血」や「くも膜下出血」の2つに分けられます。脳卒中はがん、心臓病に次いで日本人の死亡原因の第三位。三大成人病のひとつに数えられています。日本での脳卒中の患者数は現在110万人以上と言われています。(参考:日本生活習慣予防協会

脳の血管が詰まる・治る、を繰り返すー虚血性発作とは?

虚血性発作とは、脳梗塞と同じ、血管が詰まるタイプの脳卒中です。脳梗塞の場合完全に血管が詰まってしまいますが、虚血性発作の場合、一時的に血流が妨げられるものの、また元に戻るという特徴があります。「前触れ発作」とも呼ばれ、脳梗塞の危険な兆候として現れるものです。虚血性発作の治療は、血液をサラサラにする薬の投与や、血管の内側を剥がす手術などが行われます。しかしそれぞれ、薬の効果が出ないことがあったり、体へのダメージが大きかったりと、長所短所があるのが現実です。(参考:Medical Note

血管の詰まりを「電気」で改善ーBrainsGate

tomoe-kono-brainsgate_1
BrainsGate社の商品「ISS」を使用する様子。
(出典:Youtube

BrainsGate社は、この虚血性発作を、口の中に電極を埋め込む、という方法で治療しようとしています。同社が開発した虚血性発作を治療する商品「ISS(Ischemic Stroke System、虚血性発作向けシステム)」は、SPG(蝶形骨口蓋神経節)という、脳の血流促進にかかわる神経中枢を、直接電気で刺激するものです。

口の天井の奥に小型電極を埋め込むというもので、治療による体への傷を最小限に抑えたものになっています。手術は局所麻酔によって行われ、同社によれば、歯科治療と同じくらい手軽な手術だということです。脳卒中では、発症後24時以内間の治療が重要とされます。ISSを用いることで、短時間で脳の損傷領域に必要な酸素を供給し、脳への血流を増加させることができます。

治験はすでに終了、ジョンソン・エンド・ジョンソンも資金投資

tomoe-kono-brainsgate_2
左から「ISS」のコントローラー、ドライバー、トランスミッター。
(出典:Youtube

BrainsGate社は、2008年に初めての臨床試験であるImPACT-1を完了。2011年には、被験者300人規模の臨床試験により、さらなる安全性と効果を実証しました。現在も多国籍無作為二重盲検化擬似対照ピボタル試験であるImPACT-24bを行なっており、これによりISSのさらなる安全性と効果が実証されるとしています。

またジョンソン・エンド・ジョンソン社や、イスラエルの技術系投資会社であるElron Electronic Industries社などから合計6050万ドルの資金調達に成功しています。

まとめ

BrainsGate社のISSによって、脳卒中の後遺症が残る患者さんが少しでも減るといいと思います。治験の結果が期待されます。

会社概要

会社名 BrainsGate
CEO Avinoam Dayan
創業 2000年
拠点 カエサレア(イスラエル)
社員数 11-50人規模
事業内容 SPG刺激技術、及び虚血性発作の治療デバイスの開発
主な商品 ISS
会社URL http://www.brainsgate.com
沿革 2000年 創業
2005年8月 700万ドルの資金を調達
2008年8月 2750万ドルの資金を調達
2015年1月 2600万ドルの資金を調達

メンバー紹介

Avinoam Dayan

Avinoam Dayan
CEO
ニューヨーク大学技術工科大学経営科学学士、ハイファ大学コンピュータ科学・数学学士。ジョンソン・エンド・ジョンソン社が買収したBiosense Webster社の元CEO。Elbit Systems社ではディスプレイ・システムを担当した。

Noam Levy

Noam Levy
CFO(最高財務責任者)
テクニオン・イスラエル工科大学にて航空工学学士号を取得、スタンフォード大学MBA取得。自営業でコンサルタントの仕事をしたのち、Itamar Medical社CFO、Paycard社CEOなどを務めた。

TAG ,

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |