3Dを取り扱っているスタートアップのおすすめ記事ランキング

CATEGORY: SAKIGAKE

TAG:

数年前に3Dブームが到来して以来、日常生活のあらゆる場面で3D技術が使われるようになってきました。映画館でも3Dと普通の映画が選べるのが当たり前になり、ユニバーサルスタジオジャパンなどのアトラクションでも3D技術が活用されるようになりました。

海外のスタートアップの中では、すでに世の中に普及されている3D商品以外にも、人々の生活を良くするためにもっと良い商品を作ろうとしているスタートアップも多く存在しています。今回は既にSAKIGAKEでご紹介をしてきたスタートアップの中から、アクセス数が多かった順番にランキング形式で3Dスタートアップをご紹介させて頂こうと思います。

4位 リハビリが楽しい。3Dゲームで健康にーBioGaming

picture1

リハビリ運動と3Dという関係性の無さそうな2つのものを結びつけたサービスを提供しているのが、イスラエルのスタートアップであるBioGaming社です。整形外科における外傷や病気の治療において、リハビリは損なわれた機能を回復するために重要です。

しかし、リハビリは単調な動きが多く時には痛みを伴うので、モチベーションを保ちにくく、時には挫折をしてしまう人も多くいます。そこに3Dの技術を導入して、3Dゲームで遊びながら楽しくリハビリができるようにしています。リハビリという辛い状況を、3D技術で楽しくしようとしているBioGaming社には注目です。

3位 3Dプリンターで作れる!オープンソースの脳波操作ヘッドセット-OpenBCI

picture2

脳波スキャナーという普通の人にはなかなか馴染みのない商品を開発しているのが、ニューヨークのスタートアップであるOpenBCI社です。会社の名前にも使われているBCIですが、これは“Brain-Computer Interface”の略であり、頭で考えるだけで脳波によってコンピュータを動かすことができます。

OpenBCI社はこの商品をオープンソースで販売しており、3Dプリンターで誰でも作れるようにしています。3Dプリンターの技術が、できるだけ多くの人に脳波スキャナーが使われることを可能にしているのです。

2位 “Fail, learn ,Iterate” 全ての2Dを3D化するのが私達のミッションです。 -Hexa

picture3

ファッションのECサイトで服の写真(2D)を3D化して、ユーザーがECサイトで買うときと買ったあとのギャップを埋めるサービスを提供しているのがイスラエルのスタートアップであるHexa社です。

Hexa社の CEOであるYehiel Atias氏に直接会ってインタビューをした記事を載せております。3D技術を活用することでもっと日常生活を豊かにしようとしているHexa社の技術には、世界中から大きな期待が寄せられています。事業内容以外にも、創業からのストーリーなどCEOの人間的な部分についても触れてご紹介しています。

1位 3Dアニメで筋肉を意識→効果倍増!筋トレ用解剖学アプリ-Muscle&Motion

3D関連で最も注目を集めたのが、筋肉トレーニングを行う際に3D映像を活用して、より効果的なトレーニングをできるようにするサービスを行っているMuscle&Motion社です。

よく筋肉トレーニングではやり方を少し間違えるとあまり効果がないと言われています。Muscle&Motion社は3Dアニメでわかりやすく筋トレの方法を伝えることで、この問題を解決しています。

まとめ

このように3D技術という今までは存在しなかった技術により、様々な問題が解決されます。今後もこの技術を応用して人々の悩みが解決されていくことになるかと思います。

SAKIGAKEではそんな社会的な問題を解決しようとしているスタートアップや、スタートアップで働いている人に今後も着目し、皆さんに伝えていければと思います。

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |