運動や野菜摂取で現金ゲット⇔サボれば罰金!「Pact」使ってみました-Pact Fitness

CATEGORY: GENIUS

TAG:

健康維持への最強のモチベーションアプリ?日本でも参加できる「Pact」では、運動、ジムへのチェックイン、食べた野菜の写真の送信などで、なんと現金が獲得できちゃうのんです!

ヘルスケア・ゲーミングアプリ「Pact」

pact-fitness_1
(出典:Pact Fitness公式サイト

Pact」は、サンフランシスコに本社を置く「Pact Fitness」社によるヘルスケアアプリです。このアプリは、エクササイズや健康的な食事をすることで、ごほうびとして現金を受け取ることができる画期的なもの。逆に運動などをサボると、罰金を支払うことになり、お金は他のプレイヤーのものになってしまいます。

基本的なルール

筆者の実際のPact使用画面。この週は4日運動して、野菜を14回食べたようです。

pact-fitness_2-copy-2

Pact」ではまず、「運動する」、「野菜を食べる」、「食事の記録」という3つのゲームの中から、自分のやりたいものを選びます。1つでもいいですし、3つ全部に同時に参加することも可能です。

ゲームを選んだら、一週間のうちに何回そのアクティビティを行うか、という「協定(Pact)」を結びます。例えば運動なら、1〜7日の中から自分のできそうな頻度を選んで、日数を決定します。アクティビティは多いほどもらえる報酬が多くなります。次に、アクティビティをサボった場合の1回分の罰金を設定。罰金額は5〜50ドルの範囲から設定できます。

一週間自分の決めた回数アクティビティをこなせれば、サボったプレイヤーの罰金から現金報酬をゲットできます。反対に1日分でもアクティビティをサボると、報酬は獲得できず、サボった日数分の罰金が徴収されてしまいます。

実際に使ってみた感想(良かったところ)

他のユーザーの食事をチェックして、規定以外のものではないか投票する画面。

pact-fitness_2-copy
この方は、きちんと野菜(人参)を食べられていますね。

筆者が昨年、半年間ほどこの「Pact」を使ってみた際の感想です。主に参加していたゲームは「野菜を食べる」でした。

・食事が健康的になって、(もちろん)お金までもらえた!
・野菜の品目がすごく増えて、間食も野菜になったりした。必然的に他の余計なものを食べることが減った。
・英語の勉強になった。特に料理に関するボキャブラリーが増えた。

まず、上記のとおり、きちんとアクティビティへの報酬を口座に受け取ることができました。筆者の場合は合計で3000円ほどでした。健康管理のついでにお金までもらえて、単純に嬉しかったですね。

また、参加していた野菜のゲームに関しては、一週間に最大35食まで目標として設定できます。筆者は多めの設定にしていたので、ゲーム中は否応無しに野菜ばかり食べていました(笑)それと基本的に英語アプリのなので、強制的に英語の勉強になりました。ただ、英語の苦手な方には少し辛いかも知れませんね。

実際に使ってみた感想(良くなかったところ)

・報酬があまり多くない
・毎食写真を撮るのが大変

まず身も蓋もないのですが、報酬はものすごく高いわけでというわけではありませんでした。一週間で14品分(1日2回)アップして、合計平均1ドルといったところです。また、野菜をよく食べるようにはなったのですが、毎回写真を撮ってアップするのは続けると少し負担かもしれません。

運動やヘルシーな食事を習慣づけたい人にオススメ!

それでもやっぱり、健康的になって、かつそれがお金になるというのは、とても楽しい体験でした。運動やヘルシーな食事を強制的に習慣にしたい、という人にとても良いきっかけになると思います。システム自体も、健康管理以外にも応用できそうなサービスなので、今後どう進化していくのかが楽しみです。

Pact公式動画。ユーザーをサポートするPactくん(?)がいいキャラしています。


(出典:Youtube

会社概要

会社名 Pact Fitness
CEO Yifan Zhang
創業 2010年
拠点 カリフォルニア州サンフランシスコ
社員数 1-10人規模
事業内容 ヘルスケアに関するゲーミングアプリの開発提供
主な商品 Pact(元GymPact)
会社URL https://www.pactapp.com
沿革 2010年11月 創業
2012年6月 シード段階の資金調達にて7名の投資家から計85万ドルを調達
2013年12月 シード段階の資金調達にて2名の投資家から計155万ドルを調達

メンバー紹介

Yifan Zhang

Yifan Zhang
共同創業者・CEO
起業家。テクノロジーを使って、消費者の生活をより良いものにしていくことに関心を持つ。フォーブズのコンシューマー・テクノロジー分野における30人(30歳以下)に選ばれる。Styleta社創業者、元CEO。Markable社アドバイザー。ハーバード大学卒業、経済学学士。

Geoff Oberhofer

Geoff Oberhofer
共同創業者・COO
ハーバード大学卒業、神経生物学学士。University of Bonn Life and Brain Institute、ハーバード大学で研究助手を務めたのち、Simon-Kucher and Partners社の元コンサルタントとして勤務。Pact Fitness社ではiPhoneアプリの開発などを担当。

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |