過去の記憶がアルツハイマー病の進行を遅らせる!?患者様の尊厳を大切にした開発-AlzhUp

CATEGORY: STARTUPS

TAG:

生を受けた者はみな年を重ねていくと徐々に脳の機能が低下していきます。人間である私達にとっても避けられない事実です。そしてそれは病気に繋がる可能性もあります。

「アルツハイマー病」もその代表的な病気のひとつ。親近者を認識できなくなるなど、過去の記憶が消去されていく恐ろしい病気です。原因ははっきりとは解明されてはいませんが、加齢に伴う脳の変化、遺伝因子の影響、環境や生活習慣因子が影響しているといわれています。

そんなアルツハイマー病を早期発見し、適切な治療へ導くヘルスケアサービスを提供しているのがAlzhUp社です。創業者はアルツハイマー病専門医で、アルツハイマー病の患者様やその家族と関わった経験を活かし、症状の進行を遅らせる、どう付き合っていくのかをテーマに日々研究、開発を重ねています。

こんな願いや思いが会社を立ち上がらせた

alzhup_2
(出典:AlzhUpホームページ

創業者のMarcos Valenzuela氏には自分が年を取っても今と同じ能力を持ち続けていたいという思いがあります。そしてアルツハイマー病の患者様にもその思いを提供し続けることを目指しています。

世界で470万人の人がアルツハイマー病にかかっているという現状があります。日本でも認知症を引き起こす原因のなかでアルツハイマー病がもっとも割合が多く6割を占めているといわれています。(出典:認知症フォーラム.com

人の持っている「衰え」という機能を無くす事は現在医療・技術では難しいです。しかしAlzhUp社の研究で、記憶に働きかけることで脳の症状の進行を遅らせることができることが分かりました。

その研究結果とアルツハイマー病の患者様や家族の方に接した経験を活かし、アルツハイマー病と闘うためのヘルスケアサービスを提供しています。それは薬理学的療法を適用しない安心できる方法で患者様と家族を支えています。

この研究開発の根底には3つの基本概念があります。
・History of Life
・I am still here
・Art of Memory

特に「I am still here」は自分の存在感を肯定することを意味していて「尊厳」といえます。尊厳を大切にすること、それは人が生きていくうえで最も大切なことです。この開発は自分の存在感を確認し、尊厳を守って後世を生きていくことに繋がっていくのではないでしょうか。

「もしかしたら」そんな症状を早期診断するモバイルアプリケーションを開発

alzhup_3
(出典:AlzhUpホームページ

AlzhUp社は事前診断ツール「AlzhUp」を開発しました。診断テストを行なうことによってアルツハイマー病などの脳障害があるかもしれない、ということを知らせてくれるのです。

患者様本人はもちろんのこと支える家族の方や周りの方にとって一番後悔する原因になるのが「もう少し早く症状が分かれば何か手をうつことができたかもしれない」といった思いではないでしょうか?そんな後悔を減らし早期発見、治療をするためにAlzhUpは大きな能力を発揮してくれます。

もちろんAlzhUpは完全診断できるものではありませんが、より深いテストや専門家の助けや治療が必要かどうかの判断を早い時期にする助けになります。

自分だけの大切な記憶をアプリケーションに収めることで症状の進行に働きかける

alzhup_4
(出典:AlzhUpホームページ

私達は一人一人違った歴史や記憶を持っています。そんな自分史を画像としてこのモバイルアプリケーションに詰め込むことができます。

AlzhUpはクリックひとつでそんな過去に戻ることを可能にしました。自分の人生を大切にしながら記憶として呼び起こし、結果として脳障害の進行を遅らせる助けをしてくれるのです。しかもそれは薬などの化学薬品、何かの医療技術などによって操作する方法ではありません。(出典:AlzhUp公式facebook

まとめ

アルツハイマー病を含む脳障害を持つ可能性を人はみな持っています。それは年を重ねていけば自然なことなのですが、できれば創業者が語っているように今の能力の質は衰えないようにしたいものです。

そして周りにはそういった衰えを遅らせるための様々な療法や薬やサプリメント、食品、情報などが多くあります。それだけ衰えていく能力の進行を遅らせたいと願っている人が多いことを意味しています。

いつかは自分も迎える老後ですが、生きてきた自分の歴史を振り返りながら上手く付き合っていくことができるのではないか、という希望を与えてくれる研究開発だと思いました。そして高齢化社会の日本にも希望を与えてくれるAlzhPu社のような会社があるというのは心強いことです。

会社概要

会社名 AlzhUp
CEO Rafael Espinosa
創業 2013年
拠点 スペイン
社員数 7人
事業内容 ヘルスケアサービス
主な商品 アルツハイマー治療法、eヘルス、記憶療法、治療法に適用された認知症を対象にしたツールなど
会社URL http://www.alzhup.com/Reta/en
沿革 2013年5月 Best Game at Game Connection Asia 2013(Shanhai)でノミネートされる。
2013年9月 Premio AFEDAZ 2013 a la Innovación(出典:facebook
2015年12月 Fi-Ware European UnionnoのPremio AFEDAZ ala innovacion賞を受賞
2016年1月 2016 Best Social Project of the Chivas The Venture in Spainで優勝

メンバー紹介

Marcos Valenzuela

Marcos Valenzuela
創業者、アルツハイマー病専門医
アルツハイマー患者や家族と直接関わった経験を持つ。(出典:AlzhUpホームページ

Rafael Espinosa

Rafael Espinosa
最高経営責任者、共同創業者
AlzhUp社のビジネス面、技術面の両面の担当責任者。15年以上にも渡るIT業界で働いた経験を活かし、数多くの会社や組織にその知識と技術を提供し続けている。(出典:AlzhUpホームページ

Gerardo Ladron

Gerardo Ladron
最高経営責任者、共同創設者
AlzhUp社チームの弁護士。会社に関わる全てのことが法的条件を満たしチームが法の元に適切に稼働しているかを管理。(出典:AlzhUpホームページ

TAG ,

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |