ロシアで成功した起業家が、ロボット投資で世界を席巻する!-GRISIN ROBOTICS

CATEGORY: GENIUS

TAG:

日進月歩で技術は進化を遂げている。ロボットに対する技術もその流れに沿って、躍進的な進歩を果たしている。ロボットが、これ以上の発展を見せていくなら、ダーウィンの「進化論」のように人間という環境に適したものが生き残っていくことは間違いないだろう。

そのように必要とされるロボットをどのような人たちが作り出すのだろうか。おそらく、固定概念に縛られない、向上心に溢れた新たな企業ではないだろうか。GRISIN ROBOTICS社は、そのような企業に投資をし、時代を切り開く企業である。

一人の起業家が投資ビジネスで新たな技術を生み出す

GRISIN ROBOTICS社は、スマートハードウェア、ロボット工学、IoTなどに中心的に投資を行う企業であり、大きな成功を収めた一人の起業家によって設立された。彼の名は、Dmitry Grishin。2010年にロンドン株式市場に上場したMail.Ru Groupの創業者でありロシアで最も成功した起業家の一人だと言われている。

Mail.Ru Groupは、ロシア語を使うインターネットユーザーのおよそ86%が利用している5大Webサイトの一つと言われている。また彼は、東ヨーロッパで最大のプログラミング大会であるロシアンコードカップの主催者であり、ロボット技術の向上に貢献しているだけでなく、彼自身もロボット工学に精通した人物であり、ロボット技術に関する知識や見識も豊富である。

grisin-robotics_1
GRISIN ROBOTICS社が投資している企業
(出典:GRISIN ROBOTICS社公式ページ

投資すべき分野はどこにあるのか?

GRISIN ROBOTICS社が、次に投資する分野として構想しているのは、IoT分野である。IoTのビジネス市場は、一兆ドルとも言われており、そこに大きなビジネスチャンスが見込まれ、安価な材料やデジタル技術、3DプリンターやクラウドファンディングなどがIoT分野の発展を加速させるであろう。

もちろん、PCやスマートフォン、ウェブ産業には、これまで多くの投資がされてきたが、引き続き投資をしなければならない。また、ロボット事業は、産業で使われるものから、個人で使われるものにシフトしており、今後、ロボット工学は、急速にすべての分野に関わる技術となり、すべての分野を特徴づける技術になるだろう。

また、人材育成に対しても投資が必要であり、ロボット工学がさらに発展していくには、そこに優秀な人材を育成していかなければならない。例えば、GRISIN ROBOTICS社が現在投資を行っているlittleBits社は、電気部品を組み合わせて、1つの製品ができるキットを販売するなど創造性と好奇心を育む教育的な製品を生み出している企業であり、このような企業に投資することが人材育成につながる。

投資の可能性は、どの企業にも!

GRISIN ROBOTICS社は、スマートハードウェア、ロボット工学分野で世界的なネットワークを持っており、経営・運営上の経験も豊富な個人向けロボットに主に投資をしている企業である。

GRISIN ROBOTICS社が投資する先は、偏ったものではなく、可能性がある企業になら、どんな企業にもチャンスがあり、門戸は大きく開かれている。実際、投資されている先には、個人向けロボット以外にもWiFi技術、3Dスキャナー、防犯カメラなど多岐に渡り、GRISIN ROBOTICS社が投資する範囲は決して狭くはない。

今後、GRISIN ROBOTICS社の撒いた種がロボットを始めとした様々な分野で、どのような形で花開くのか非常に楽しみだ。

会社概要

会社名 GRISIN ROBOTICS
CEO Dmitry Grishin
創業 2012年
拠点 シリコンバレー、ロンドン
社員数 10人規模
事業内容 ベンチャーキャピタル
会社URL http://www.grishinrobotics.com

メンバー紹介

Dmitry Grishin

Dmitry Grishin
創業者
モスクワ国立工科大学のRobotics and Complex Automation学部を優秀な成績で卒業後、ピーターズバーグ州立大学の情報技術、力学、光学分野の情報技術とプログラミング部門を担当。
また、ロシアンコードカップを主催する。MIT Technology ReviewのInnovator under 35に選ばれる。
(出典:facebook

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |