眼の動きから脳障害の状態が分かる!?起こした革命とは?-Oculogica

CATEGORY: GENIUS

TAG:

眼の動きが何を語るのかを考えたことがありますか?それは視力を司る神経の機能。脳の中で何が起こっているのかの状態を語っているのです。眼の動きに注目することによって症状が表面化できる代表的な病気のひとつに「脳震盪(のうしんとう)」があります。よくスポーツ選手が脳震盪を起こした、などといったことを一度は聞いたことがあるかもしれません。身近な脳の病気のひとつといえます。

脳震盪は、スポーツ医学の分野の中でも、最も複雑で、診断・評価・管理・ケアが難しい病気の一つと言われています。なぜならレントゲンやMRI・CTのような検査機械を使っても、ほとんどが判断することができないから。医療関係の人はその人の症状・筋肉・神経の働きなどを診て総合的に判断するしかないのです。

ここで紹介するOculogica社は、そんな脳震盪などの脳障害にどのようにアプローチをするかを研究し続けた結果、眼の動きに注目することで頭蓋内圧の状態が分かるということを発見したのです。特許出願中のアイトラッキング技術を開発、研究し続けています。

Oculogica社はこうして目の動き、アイトラッキングに注目した

Oculogica社が行なった「TEDMED2014」(※TEDとはTechnology Entertainment Designの略で、学術・エンターテイメント・デザインなどの様々な分野の人物が毎年大規模なプレゼンテーションを行なう世界的講演会のこと)でのプレゼンテーションでどういう風にアイトラッキング技術や開発、研究をして革命を起こしているのかを知ることができます。


TEDでプレゼンしている様子
(出典:TED公式youtube

アメリカでは8秒間に1人の割合で衝突事故や転んだりして脳震盪を代表とする深刻な脳の病気になっていると言われています。そしてテクノロジーが発達した今でもそういった事故から受けた症状や状態を確認することが難しいとされています。

それはたとえ脳の働きに異常があったとしても、検査などでは症状が見えないから。そういった理由で異常があったとしても普通の状態に見えることが弊害になり、症状が悪くなっているなどの進行状況も確認し難く、適切な処置を行なうことも難しかったのです。

しかしある日、同僚の「目の動きに注目してみては?」というアドバイスがきっかけになり、そういった目に見えない症状を見えるようにする方法はないかと、アメリカのフィラデルフィアの小児科の脳震盪の患者様を訪れて研究を始め、アイトラッキングをすることで脳の症状が分かるようになるということが研究結果で分かったのです。

眼の動きのトラッキングをすることで見えないはずの脳の問題が明らかに!

oculogica_2
(出典:Pixabay

Oculogica社がまず初めに研究をした内容は、健康な人と深刻な状況の患者様のアイトラッキングをモニターに映し出して違いを観察するというものでした。結果として分かったことは、その2タイプの人のアイトラッキングには大きな違いがあるということ。そしてそのアイトラッキング、要するに眼の動きでその人の頭蓋内圧の上昇などの状態が分かるということが明らかになったのです。

まとめ

冒頭にも述べたように脳の病気で一度は耳にしたことがあるかも知れない「脳震盪」ですが、Oculogica社の研究により「目に見える」病気として認識できるということが分かったということは、画期的な革命だったのではないでしょうか?

私達人間が不安や心配になることの要因は、分からないこと。これに尽きるのではないでしょうか?分からなければ対応もできません。ですがそのことの状態が分かりさえすれば、例え問題があったとしても対応することが可能になり、明るい光が見えてきます。

Oculogica社の研究、開発は発達したテクノロジーとは別の方向に目線を変えただけ。眼の動きに注目するだけの研究はテクノロジーの発達とは違うシンプルなことだったのです。その結果は私達の視点の方向性を変えてみることで何か解決法があるのでは、といったヒントを与えてくれているように思えます。

会社概要

会社名 Oculogica
CEO Rosina Samadani
創業 2013年
拠点 アメリカ New York
社員数 3人
事業内容 ヘルスケア、健康診断、医療、神経科学
主な商品 特許出願中のアイトラッキング技術、開発
会社URL http://www.oculogica.com
沿革 2013年5月 NYU Venture Technology Compentitionで優勝。
2013年7月 Inobate Health Tech NYCで受賞し15,000ドル授与。
2013年12月 Best in Show at the Mid-Atlantic Bio Angels First Pitch Life Sciencesのイベントで最優秀賞を受賞。
2014年4月 National Space Bionedical Reserch Institute(宇宙生物医学研究所を指し、国立宇宙生物医学研究所がある本社施設にある、ベイラー医科大学宇宙医学のためのセンター)から眼の動きの追跡が頭蓋内圧の上昇の影響を正確に評価できるかの研究に使うため25万ドルの助成金を授与されました。助成金の使途は、眼の追跡が頭蓋内圧の上昇の影響を正確に評価できるかどうかを調べる為です。
2016年3月 研究がStanford accelerator StartX(消費者と企業のIT、医療、ハードウェアを含む産業の広い範囲でスタンフォードのトップの企業家のコミュニティ)に認められで受賞。

メンバー紹介

Rosina Samadani

Rosina Samadani
CEO
Oculogica社のCEO を務めるRosina Samadani博士です。彼女は医療技術の3つの新興企業を設立し指導した企業家でもあります。McKinsey & Companyに7年間勤務。医療品、バイオテクノロジー、医療機器、医師サービス関連の仕事に勤務した経歴を持ちます。(出典:Linkedln

Bilal Khan

Bilal Khan
副社長、最高執行責任者、New World Medical株式会社チーフオペレーティングオフィサー
New World Medical.comペンシルベニア大学の管理、経営管理マスター課を優秀な成績で卒業しています。その他、理学療法学や経営学士も習得しています。(出典:Linkedln

Hannah Rosenfeld

Hannah Rosenfeld
臨床事務主任
Virginia(バージニア)大学卒業。彼女が何かを始めるきっかけは、問題を解決したいという気持ち。そしてそれを行なう一番裁量の方法は会社を作ることと考えています。個々の状況を考慮し大規模な解決策を見付け出すことがやりがいです。例えるなら森も見て、木も見る。大きなことも小さなことにも常に目を向けているということです。(出典:Linkedln

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |