経験者達のアイディアでがんと闘う女性にパワーを-CureDiva

CATEGORY: GENIUS

TAG:

近年、若年層の発がん率が上がってきている。がん患者の全体の割合は男性の方が高いが、若い年代では女性の方が圧倒的な数値を示している。その理由が女性特有のがんである乳がんと子宮がんである。

最近では元プロレスラーの北斗晶さんが乳がんを患い克服した事や、アンジェリーナ・ジョリーが遺伝性のがんを予防する為に両乳腺切除手術を受けたというニュースが取り上げられた。

患者はがんそのものとの闘いだけではなくて抗がん剤治療やその副作用にも耐える必要が出てくる。がんの克服に伴う苦痛は体力的、精神的にも相当な疲労だ。CureDiva社はそんな女性達の心を様々な商品で癒して応援するスタートアップ企業である。

苦しい闘病生活に華を添える

curediva3
CureDivaの商品の数々
(出典:CureDiva HP

CureDiva社は乳がんと診断された女性達によって創設された。がんとの闘病生活は先述したように過酷なものであり、他の箇所への転移や場合よっては死に至るという恐怖もある。CureDiva社を創設した女性達はがんを患った経験から、闘病中には何が必要か、気が滅入らずに過ごすにはどうしたら良いかと考えた。

そこで彼女達は自分たちの経験からがん患者の為の女性向けファッションやトリートメント、闘病中に自分達自身が必要と感じた商品を考案し、インターネットを通じて販売する事にしたのだ。

その商品は実に様々で多岐に渡る。抗がん剤投与の副作用によって大切な髪の毛を失ってしまった女性にはお洒落なバンダナやターバン、胸の形を保つ為の下着、発がんを抑制するクルクミンを含んだサプリメントの提供など幅が広い。その結果、多くの女性ががんとの闘病生活に対する準備をする事ができ、乗り越える活力を得て克服に取り組む切掛けとなった。

まとめ

curediva4
(出典:CureDiva HP

大病を患うと人は塞ぎがちになる。ましてやがんとなると中には自暴自棄になってしまう人も少なくないと聞く。しかし、CureDiva社を創業した女性達は違った。

本来ならばがん治療などで苦しくなるはずの闘病生活の中で今後同じ境遇を体験する女性達の為に商品を考案、提供した。そんな彼女達の行動は勇気に溢れ、尊敬に至ると私は感じる。自分達の経験を同じ境遇の人達の為に活かすというのは想像以上に難しいものである。病気と闘いながらも同じ病気に苦しむ人達の為に何かをする。そういった強い彼女達の心がCureDiva社最大の魅力なのかもしれない。

会社概要

会社名 CureDiva
CEO Efrat Roman
創業 2011年9月
拠点 アメリカ マイアミ
社員数 11-50人規模
事業内容 自社製品の考案、インターネットでの販売
主な商品 Beanie、ProfBiotics、Restorative Skin Balmなど
会社URL https://www.curediva.com
沿革 2011年6月 創業
2013年10月 Milieu MagazineのTrendy 10“Top Ten Trends for October”で1位に輝く。
2013年10月 様々な番組のホストを務めるGiuliana Rancicがサポーターになる。
2014年3月 UVスキンケア商品を発表
2015年4月 Family Circle Magazineの20 Most Influential MomsにEfrat Romanが選出される。

メンバー紹介

Efrat Roman

Efrat Roman
Co-Founder
母親や叔母達が卵巣がんや乳がんにかかった事があったためいつか自分も同じ病にかかると確信していたEfrat Roman。その為、がんになった際の準備を万端にしているつもりであった。しかし41歳の時に両乳腺摘出手術や化学療法、それらに伴う手術を数度経験。彼女は自分自身ではどうする事も出来ないという強い思いを抱いた。そして胸に腫瘍が見つかった6年後、困難を乗り越えた彼女は友人とワンストップショップであるCureDivaを立ち上げた。

Tovi Riegler

Tovi Riegler
Co-Founder
The Hebrew Universityで法律、University of Haifaで経営学を学び、Efrat Romanと共にCureDivaを創設する。彼女自身もがんを患った経験があり、今ではEfrat Romanの右腕としてテクノロジーの専門家として会社を支える。

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |