ビッグデータを駆使し、モバイルセキュリティの最前線を行く-Skycure

CATEGORY: STARTUPS

TAG:

「スマホのセキュリティ対策、万全にしていますか?」―皆さんはこの質問に自信を持って「はい」と答えられるだろうか。実のところ筆者はどちらかといえば「いいえ」の立場であった。パソコンに比べてセキュリティ意識が低くなりがちなモバイル端末。だが、そんなモバイル端末を仕事で使うことも多くなっている中で、セキュリティ対策をおろそかにするのは危険である。実際に不正なアプリやWiFiネットワークを使ったモバイル端末を狙うサイバー攻撃も起こっている。

こうした脅威に対抗すべく、元イスラエル軍諜報エリート部隊隊員、IBM社員の2人が立ち上げ、企業向けモバイルセキュリティの最前線で活躍しているのがSkycure社だ。

モバイルセキュリティ分野で多数の受賞!その実績の理由は?

2016年だけでもSC MagazineSC Awardを始めとする3つのモバイルセキュリティ分野の賞を受賞し、その製品はFortune 500等の企業ランキングに名を連ねる製薬、医療、金融会社などにも利用されているというSkycure社のモバイルセキュリティ。

この実績を支えているのは、モバイルセキュリティに関するあらゆるデータを収集・分析する独自の技術力だ。Skycure社の製品は、インターネットの技術を利用し、モバイル端末のシステムや各種のアプリとその開発元企業、そしてネットワークなどの安全性に関するデータを主に3つの情報源から徹底的に収集し、分析することにより、モバイル端末に対するあらゆる危険の検知・対策を実行するのである。

Skycure社のプラットフォームの第一の情報源は、最新の対モバイルのサイバー攻撃の研究から、「世界各地の観光名所の中でモバイルセキュリティにおいて危険なのはどこか?」というユニークな調査まで行っている同社独自の研究機関によるデータ。そして第二に他のサイバーセキュリティ企業による調査研究に基づく情報。そして最も画期的な第三の情報源が、世界各地で利用されているSkycure製品が実際に検知した脅威に基づく「クラウドソース型」のデータだ。

skycure_1-copy-2
インターネットを通じたSkycure製品からのリアルタイムな報告で、脅威への素早い対応を可能にするクラウドソース型脅威分析(Crowd-sourced Threat Intelligence)。人気ゲームアプリ「ポケモンGO」を装った有害なアプリをいち早く発見するのにも活躍したという。(出典:Skycure社公式サイト)

こうして収集された対モバイルの脅威に関するビッグデータを分析することにより、Skycure社の製品は危険の検知や可視化・対策、さらには機械学習を利用した行動分析による脅威の予測まで行ってくれるのだ。

インストールの簡単な無料アプリと多機能な有料プラットフォーム

上述の高度なデータ収集・分析に基づくSkycure社のモバイルセキュリティ製品は、無料アプリと有料プラットフォームの2つのバージョンがリリースされている。

無料アプリの方の機能は、モバイル端末の脆弱性や有害なアプリ・ネットワークを検知するのみとなっているが、App StoreGoogle Playで手軽にインストールできるようになっている。

skycure_1-copy
画像は筆者が今回インストールしてみた無料版アプリのダッシュボード画面の一部。不審なアプリやネットワークが一目瞭然で、脆弱性の対処方法も教えてくれるわかりやすいアプリだ。

有料版は脅威の検知だけでなく、有害なアプリを除去したり、有害なネットワークへの接続を遮断したりといった対策の実行や、より詳細な危険の分析・可視化、それから予測まで可能な万能なプラットフォームである。

まとめ

インターネットの力を利用したセキュリティ情報の収集技術にももちろん注目すべきだが、ユーザー目線では、企業向けセキュリティ製品にしては珍しく、各アプリストアで無料で配信されているという点にも驚く。セキュリティ担当者の端末にインストールすればソフトウェア一つでネットワーク上のモバイル端末も全て管理できる、という便利なソリューションを提供する企業もあるが、Skycure社のようなアプリ形式で従業員一人一人の端末ダウンロードする形は、一人一人がセキュリティ意識を常に持つためにはとても有効ではないだろうか。

会社概要

会社名 Skycure Inc.
CEO Adi Sharabani
創業 2012年
拠点 アメリカ
社員数 51-200人規模
事業内容 モバイルセキュリティ製品の開発
会社URL http://www.skycure.com
沿革 2012年 創業
2013年 対モバイル脅威検知ソフトウェアを公開。シードラウンドにて300万ドルを調達。GeektimeのBest Startup Award を受賞。
2015年 シリーズAラウンドにて800万ドル調達。
2016年 SC Magazine Award、Cybersecurity Excellence AwardCyber Defense Magazine Award受賞。シリーズBラウンドにて1650万ドル調達。

メンバー紹介

Adi Sharabani

Adi Sharabani
CEO・創業者
テルアビブ大学で数学、物理学の学士号取得。Skycure社創業以前はWatchfire社のセキュリティチームを率い、同社のIBM社買収後はソフトウェア製品開発を監督。25以上の特許を持ち、企業向けソフトウェア及びモバイルセキュリティ分野で世界的に活躍している。

Yair Amit

Yair Amit
CTO・創業者
テルアビブ大学で生命情報学の学士号を取得。Watchfire社、後にIBM社でアプリケーションセキュリティの研究に携わる。サイバーセキュリティの世界で10年以上の経験を持つ。

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |