ネットワークセキュリティに革新をもたらすスタートアップ-Exabeam

CATEGORY: STARTUPS

TAG:

インターネットが社会のインフラとなった現在では、あらゆる組織が日々サイバー攻撃のリスクにさらされている。システムへの侵入による顧客の個人情報漏えいなど今では日常茶飯事だし、最近ではシステム上の重要なデータを暗号化して身代金を要求するランサムウェアなど、新たな脅威も広がりつつある。
経営者たちにとってもネットセキュリティの問題は頭痛の種だろう。企業内のネットワークシステムの監視と管理を行う部門、セキュリティ・オペレーション・センター(SOC)の体制をととのえることが重要だが、しかし自前でSOCを組織するにはかなりのコストがかかる。加えて現在はスマートフォンやタブレットなど、多様なデバイスによるさまざまな環境からのアクセスをさばかなければならないのだから、SOCの業務は複雑さを増す一方だ。そんな悩める企業に向けて、データサイエンスを駆使したSOC業務用のプログラムの研究開発を行っているのが、サイバーセキュリティ会社Exabeamだ。2013年に設立されたスタートアップで、アメリカ・カリフォルニア州を拠点としている。

exabeam
(出典:Exabeam公式ページ

Exabeamのシステムの目玉は、社内のネットワークシステムにアクセスしてきたあらゆるユーザーの挙動を独自の分析アルゴリズムによって総合的に記録する、可視性の高いユーザー追跡の技術だ。すべてのユーザーの行動をわかりやすい「タイムライン」へとまとめ上げるこのシステムで、社内の通常の業務で発生するリスクも社外からの攻撃もひとまとめに監視し、SOCの業務をより効率の良いものにすることができる。セキュリティ上の問題や悪意あるユーザーの存在だけではなく、これまでの監視システムなら見過ごされてきたようなささやかなサイバー攻撃の兆候でも、最新鋭のテクノロジーによってすばやく見つけ出すことができる。その上、いわゆるfalse alertと呼ばれるセキュリティリスクの誤検出も格段に少なくなるという。

tracking
exabeamのユーザー追跡テクノロジー
(出典:Exabeam公式ページ

Exabeamを設立したのは、それぞれIT業界ので豊富なキャリアを持つ3人の技術者たち。情報セキュリティ業界で10年以上の経験を積んできたCEOのNir Polak、スタンフォード大で電子工学の博士号を取り、これまでに8つの特許技術を開発した技術主任のDomingo Mihovilovic、そしていくつもの大企業でプロダクトマネジメント業務にたずさわってきた製品開発部長Sylvain Gilだ。
現在ExabeamはIBMやマカフィーといった大手IT企業ともパートナーシップを結んでおり、情報セキュリティ業界をユーザー追跡の技術でけん引する存在として注目を集めている。昨年はIcon VenturesやAspect Ventures といったテクノロジー系のベンチャーキャピタルから2億5000万ドルを調達した。Polakによれば、ネットを通じた情報漏えいの多くは企業内のシステムで正式に認証されたアカウントによって引き起こされており、それに対処するにはユーザー追跡を基盤としたセキュリティシステムの構築が欠かせないという。現在のネットワークセキュリティのあり方を、彼らの技術が一新させる日も近いかもしれない。

会社概要

会社名 Exabeam
CEO Nir Polak
設立年 2013年
拠点 カルフォルニア州サンマテオ、アメリカ合衆国
社員数 51-200人規模
事業内容 ユーザー追跡を基盤としたネットセキュリティシステムの研究開発
主な商品 Exabeam User and Entity Behavior Analytics
会社URL http://www.exabeam.com
沿革 2013年 創業
2014年6月 ビッグデータを利用したセキュリティ分析を主要なプロジェクトとして、Norwest Venture PartnersやAspect Venturesなどのベンチャーキャピタルから1億ドルを調達
2014年10月 現在の主要商品につながるユーザー行動分析のプラットフォームを初公開
2015年6月 ユーザ追跡システムをバージョンアップし、50以上のカスタマーサイトで利用されるようになる
2015年9月 Icon VenturesやAspect Venturesから2億5000万ドルを調達
2015年11月 イギリス・ロンドンに支社を開設
2015年12月 IBMのセキュリティ・インテリジェンスシステムQRadar向けにユーザー行動分析システムを提供開始

 

メンバー紹介

nir-polak

Nir Polak
創業者・現CEO
イスラエルのインターディシプリナリー・センターでコンピュータサイエンスを学んだ後、情報セキュリティ業界での企業戦略策定や新製品開発を中心に13年のキャリアを積む。Adjungo NetworksやShopping.comでエンジニアリングに携わったことも。

domingo-mihovilovic

Domingo Mihovilovic博士
創業者・現技術主任
チリ大学で電子工学を学び、スタンフォード大で電子工学の博士号を取得。Siebel Systems、Sumo Logic、SugarSync、MobiTVなどのテクノロジー企業で役員を務めた経験を持つ。8つの特許技術の開発者。

silvain-gil

Sylvain Gil
創業者・現製品開発部長
フランス・メルンのレオナルド・ダ・ヴィンチ高校でソフトウェアエンジニアリングを学んだ後、情報セキュリティ製品の開発・管理に携わってきた。

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |