24時間医師が体調の相談に応じてくれる全米で人気の健康オペレーティングシステム-HealthTap

CATEGORY: GENIUS

TAG:

お医者さんに行くのは面倒だけど体調が芳しくない。平日は仕事で忙しく、とても病院に行けそうにない。仕事の空き時間にデスクから専門のお医者さんに体調の相談をしたい。そんな時に、手軽に医師にメディカルチェックをしてもらえたら、とても頼もしいですよね。そんな痒い所に手が届く、理想のアプリケーションがアメリカ全土で注目を集めています。
 

24時間メディカルの疑問に答えてくれる健康オペレーティング

health-tap2
(出典:Helthtap公式HP
まず、体調が悪くなったら、私たちは何をするでしょうか?何の病気なのかインターネットを利用して情報収集しないでしょうか?サイトで調べた情報と自分の症状を照らし合わせて、薬を選んで飲んだり、程度によっては病院に行ったりするのではないでしょうか?

風邪などの軽度な流行病ならそれで十分かもしれません。ですが、素人判断が付きにくい病気の場合、お医者さんからの具体的なアドバイスに頼りたいところです。そんな時、この「HealthTap」アプリにアクセスすれば、専門の医師が24時間以内にあなたの病気の症状に応えてくれるのです。質問の際、登録ユーザー側には秘匿性が確保されていて、アンサーに応えてくれる医師は名前を明かしてくれているので信頼して利用する事が出来ます。

また、有料会員(プライム会員)になれば、直接医師とビデオチャットをすることが可能。そのチャット内容で処方箋まで出してもらえ、自宅に居ながらにして病院に行くのと同等のサービスを受ける事が可能になります。
 

HealthTap人気の背景にはアメリカの深刻な医療体制にあり


(出典:YOU TUBE 「Health Tap」

アメリカでは、2014年から医療保険制度改革(オバマケア)が施行され、保険医療が充実すると思われていました。ですが現実には、高額な保険料の割に医療費の負担は変わらず、国民の負担は施行前と一向に変わっていないと言われています。
また、アメリカでは都市部でも医師不足が問題となっており、病院に行っても簡単な診断を受けるだけで数時間待たされることが当たり前で、検査予約を取るために半年待つこともあるといわれています。そんな現状から、病院で医者にかかることに抵抗のある人が増えているのです。

そんな社会的な実情を抱えたアメリカでは、ネットワークを介して気軽に医師に無料相談できるこの環境が大変重宝されているのです。
 

新たに登場したHealthTapクラウドとは

health-tap3
(出典:Health Tap公式HP
2016年新たにHealthTap cloudが登場しました。このcloudの登場で、より革新的なサービスが出来るようになり、健康管理がネットワークを通して効率よく運用できるようになりました。この運用開発には、様々な企業が参入しており、HealthTap cloudへの今後の期待度がうかがえます。

HealthTap cloudでは、より密でスピーディーな対応が実現し、身近で丁寧な医療を感じる事が出来るようになります。従来のアプリケーション機能に、セキュアなビデオ音声とチャットが追加され、遠隔医療サービスが進化しました。これによって医師とユーザーが、シームレスに通信医療を受ける事が出来るようになりました。

また、cloud上でやり取りされた健康チェックやデータ情報は、電子カルテとして蓄積され、書き込みとアクセスが可能になりました。これによって継続的な健康管理と、患者ユーザーのアイデンティティ管理が克明にできるようになりました。その内容はカルテ以外にも患者の診断データ、治療、臨床ノート、過去の保険金の請求データまで多岐にわたります。

管理されたデータは、リアルタイムに更新され、過去の既往歴として蓄積分析されます。この分析データはほかの患者ユーザーの既往歴と照らし合わされ、今後の予防や対策に利用されます。

HealthTap cloudを仮想ホスピタルと位置付けることによって、従来の医療機関とのセカンドオピニオンサービスとして利用してもらうことが狙いです。
 

アメリカ全土に広がるニーズ

高額医療費や時間を割くため、自らの健康管理を身近なIT技術を使って医師に質問するこのアプリ。アメリカではアクセス数が5億件を超え、ユーザー数もアメリカ全土で100万人を超えています。また、登録している医師の数も現在4万人に及びます。

ITと医療という新旧対極にある分野が、上手く融合し活用されている事例ともいえるHealthTap。新たな切り口の参入のため、何かと話題を呼んでいますが、様々な個人投資家や企業が投資を申し出ており、注目を集めているのも事実。今後世界レベルでの展開が期待できる企業です。

会社概要

会社名 HealthTap
CEO Ron Gutman
創業 2010年
拠点 アメリカ合衆国 カリフォルニア
社員数 100人規模
事業内容 ヘルスケアサービス
主な商品 HealthTap、HealthTapCloud
会社URL https://www.healthtap.com
沿革 2010年 設立

メンバー紹介

Ron Gutman

Ron Gutman
オンラインアプリ創設者兼最高経営責任者(CEO)
スタンフォード大学の大学院生時代に組織的かつパーソナライズされた健康研究を行い、人々が健康で幸せな生活を助けるための方法を設計するエンジニアリング、医療、ビジネス、心理学と法律の学科から、教員や大学院生を集めて率いました。2006年には、Wellsphere(ウェルスフィア)のCEOを務め、オンライン消費者の健康をサポートしていました。彼は、ハーバード大学医学部のスマートイニシアティブ(置き換え可能な医療アプリケーション再利用可能な技術研究)の健康やテクノロジー企業の投資家と顧問でもあります。(参照:LinkedIn)

Sastry Nanduri

Sastry Nanduri
創設者兼CTO
HealthTapの技術プラットフォーム担当者。インド工科大学、ジョージア工科大学卒業後、様々な企業での技術者、エンジニアとしての経験を経てHealthTapのCTOに就任。(参照:LinkedIn)

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |