これまでにない最新の技術!脳を刺激し、深い睡眠を提供-RYTHM

CATEGORY: GENIUS

TAG:

眠れない、眠りが浅いと言ったことを耳にすることが最近多くなった。現代社会ではストレスや不規則な生活が多くなれば、そうなるのも仕方のないことかもしれない。しかし、そんな社会で生き抜くためには、やっぱり良い睡眠をとりたいもの。

それをかなえてくれる企業がある。RYTHM社は、今までにない新たな技術で睡眠を改善してくれるスタートアップ企業である。

脳に影響を及ぼす革新的技術を開発

RYTHM社が初めて開発した技術は、最新のニューロサイエンスを応用している。脳の機能に関して様々な研究が行われているが、そのアプローチの一つがニューロサイエンスだ。
ニューロサイエンスとは、神経科学のことであり、近年、注目を集めている分野でもある。”どのように外界を知覚しているか”、”神経がそれぞれどのように相互作用するか”などが主な研究テーマであり、頭と心の関係もその範疇にふくまれるものである。

しかし、まだ、未知なる分野であり、研究者は年々増えているが、解明されたものは、まだ、ほんの一部でしかない。

RYTHM社は、そのような分野で何年もの研究を重ね、脳に影響を与える方法を発見した。RYTHM社は、音を使い、刺激を与えることで、脳波や脳のリズムに影響を与えることに成功したのだ。

快適な生活を保障する「Dreem」

すべての人間は、必ず睡眠をとる。睡眠をとらなければ、生きてはいけない。睡眠は、人間の生活でそれほど重要なものである。脳をリセットし、疲れをとる。その時間が短く、不十分なものになれば、次の日の行動に大きなマイナスとなるのは明らかだ。

だから、より良い睡眠にするため、みんな工夫を凝らす。しかし、そんな努力は、もう必要じゃないのだ。

rythm_1

RYTHM社が開発した「Dreem headband」 
(出典:RYTHM公式ホームページ)

RYTHM社が開発した「Dreem」は、音を発し、脳に刺激を与え、深い睡眠を実現する。ただ、「Dreem headband」を頭に装着するだけでいいのだ。そうすれば、「Dreem」から心地の良い音が「Dreem headband」を通して、脳に伝わる。

着脱も簡単で毎日使うのも苦にならない。これまでのことが嘘のように思えるはずだ。きちんとした睡眠がとれれば、毎日の生活も快適になり、豊かな人生が送れることは間違いない。

挑戦し続けるスピリット

RYTHM社は、新たなる挑戦を一つ成功させた。ニューロサイエンスを応用した新たな技術の開発である。挑戦は新たな時代を切り開いていくものなのだ。

そもそも、私たちが生きるこの世界も先人たちの挑戦が生み出した奇跡が積み重なって出来ているのである。けれども、挑戦とは決して簡単なものではなく、挑戦するためには、失敗することを受け入れる覚悟が求められるのだ。

失敗することなど考えていないという人もいるだろう。しかし、失敗しないことを意識しないわけにいかないはずだ。そのことに気づいていないだけ、もしくは、それを考えようとしていないだけだ。

どんなことをするにしても新たな挑戦をしようとするものには、強い覚悟が必要なのだ。この成功に満足することなく、更なる挑戦を続けるRYTHM社には、その強い覚悟が、熱いスピリットが感じられる。RYTHM社の今後の成長に期待したい。

会社概要

会社名 RYTHM
CEO Hugo Mercier
創業 2012年
拠点 パリ、サンフランシスコ
社員数 50人規模
事業内容 ニューロサイエンスを応用した技術開発
主な商品 脳に音で刺激を与えるヘッドウェア
会社URL https://rythm.co
沿革 2012年 フランス パリにて創業
2013年 フィードパッドシステムを作成
2014年 NUMA(Non-Uniform Memory Access)を使用した事業を展開
2016年 「Dreem」を発売

メンバー紹介

Hugo Mercier

Hugo Mercier
創業者・CEO
アメリカ合衆国出身。エコール・ポリテクニーク卒業。技術革新および起業分野で学位取得。カリフォルニア州立大学バークレー校プログラム修了。神経科学・起業分野などで受賞歴多数あり。

Quentin Soulet de Brugiere

Quentin Soulet de Brugiere
共同創業者・CSO
フランスパリ出身。エコール・ポリテクニーク卒業。技術革新および起業分野で学位取得。カリフォルニア州立大学バークレー校プログラム修了。技術革新分野で受賞歴あり。

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |