PTSD理解へのヒントはここにある–Breakthrough Behavioral

CATEGORY: STARTUPS

TAG:

PTSDは日本では阪神淡路大震災の際に広く認知、関心が高まった概念です。今回はPTSDとは何か、どういったことが起きるのかを特集しました。

PTSDとは?

PTSDとはPost-Traumatic Stress Disorderのことで、「心的外傷後ストレス障害」と日本語に訳されています。日本では阪神淡路大震災の際に広く認知、関心が高まった概念で、災害などのショックな出来事があなたの安全を脅かしたり、あなたを無力に感じさせたりすることを指しています。
元来PTSDの多くは戦場で男性の兵士が感じることでしたが、日常的に予測もできず、コントロールすることもできない出来事が引き金となってPTSDは発症します。PTSDを発症した人だけでなく、これらの緊急事態に関わった人や自衛隊などにも影響していきます。また、これらのトラウマを感じた人の友人や家族もPTSDが発症することがあります。
災害などの衝撃的な出来事の後には世界中のあらゆる人々と切断され、悲しく感じたり憂鬱に感じたりすることがあると思います。こういった感情が消えないうちは、痛みや苦しみの記憶を抱えたままになる可能性が高く、これらを乗り越えたとしてもフラッシュバックを繰り返して日常的に続いていくストレス障害だとも思います。こういったPTSDの症状を乗り切るための方法をご紹介いたします。

PTSDはいつ発症するのか。

PTSDの症状時期には個人差があり、これらの災害があった直後から日々発展していって、数週間から場合によっては数年後に症状があらわれることがあります。PTSDを発症すると悪夢や恐怖、これらのショックな出来事について考えることが止まらず忘れることができないなどの症状があらわれます。

PTSDの具体的な症状

PTSDの特徴はこれらのトラウマティックな出来事がフラッシュバックしてしまうことにあります。トラウマティックな出来事の起こった場所、その時に感じたことや考えたこと、その時していたことなどが再び想起されるのです。これらの症状があらわれると「私の人生は自分の計画した通りにはうまくいかない。」など人生に絶望することが多くあります。
不安や恐怖などの感情が増幅されていくと、眠れなくなったり、イライラして怒りが止まらなくなったり、物事に集中できなくなったりします。これらの症状がPTSDを発症した人々の人生を狂わせていくのです。

PTSDを乗り越えていくには

周りに助けを求めましょう。あなたが感じたことは間違いや勘違いではありませんし、あなたは独りではありません。周囲の理解とサポートがあれば、PTSDの症状はより軽減され、自信を取り戻して、日々楽しく過ごすことができるようになるはずです。

breakthoughbehavioral1

BreakthroughBehavioralでは、1000人のセラピストが常駐し、毎月3万人の方がセラピーを受けており、10人の患者に対して、8人の患者の症状が軽減したという調査報告があります。スマートフォンのアプリで気軽にご自宅でセラピーを受けることが可能で、自分にあったカウンセラーを見つけたり、知能テストなど心理検査を受けることも可能です。心的なストレス障害を抱えながら電車などで移動をし、病院に通うセラピーは身体的にも非常にストレスが多くなってしまいます。BreakthroughBehavioralのオンラインカウンセリングは週末も予約をし、オンラインカウンセリングを受けることが可能で、いつでも気軽に予約でき、治療に向けて動くことができるのが魅力的です。また、情報は厳密に管理され、支払いもカードによって厳密に管理されています。

最後に

PTSDは「自分には関係ない」と思っている人にも訪れる可能性のある症状です。災害のほかにも、犯罪や身近な人の死などでもこれらの症状が訪れることがあります。治療ははやければはやいほど良く、早期発見と早期治療が望ましいストレス障害です。一人で悩まず、専門のカウンセラーと共に治療を進めて行くことが望ましいものですから、抱え込まずにまずは誰かに相談することからはじめてみましょう。Breakthrough Behavial のオンラインカウンセリングは画期的に進化しており、いつでもどこでも、自分にあったカウンセラーの治療を受けることが可能です。日常の些細なことでも相談できる機会を知っておきましょう。

会社概要

会社名 BreakthroughBehavioral
CEO Mark Goldenson
創業 2009年
拠点 カルフォルニア州レッドウッド市
社員数 11-50人規模
事業内容 オンラインカウンセリング
会社URL http://www.breakthrough.com
沿革 2009年 創業

メンバー紹介

Larry Gleit

Larry Gleit
ジェネラルマネージャー
Larry Gleit は25年間にわたり、精神医療に従事してきました。医療ソーシャルワーカー及び経営管理の博士号を取得しており、様々なリーダーシップの関係改善を得意とし、シグナ社の遠隔医療システムの管理チームに所属しています。

Ann Williams

Ann Williams
担当カウンセラー
ウィリアム・アンは米国ネブラスカ州の認定カウンセラーで、アルコールや薬物依存の患者のカウセリングが得意としています。2002年、Bellevue大学卒業。

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |