認知症予防にあらたな光を-Avraham Pharmaceuticals

CATEGORY: GENIUS

TAG:

若年性アルツハイマー病に冒された女性を描く『アリスのままで』(原題: Still Alice)という映画がある。アメリカの一流大学で言語学の教授を務めるほどの洗練された知性を持つ主人公が、アルツハイマー病によってそれまでに得た知識を、言葉を、記憶を失い、さらには家族や自分自身に対する認識までもがもろくも崩れてゆく。その過程は悲壮の一言で、筆者にとってはもっとも印象深い映画のひとつだ。

増え続ける認知症患者

高齢化のトレンドが世界規模で進んでいる現在、アルツハイマー病を含む認知症患者は増加の一途をたどっている。国際アルツハイマー病協会の2015年の報告によれば、2015年現在の認知症患者の数は全世界で4680万人、今後20年後ごとに2倍のペースで患者数は増え続け、2050年には1億3000万人を超える見込みだという。こうした状況の中、認知症に対応する薬への需要が今後ますます増えてゆくことは間違いない。
イスラエル中部の都市ヤブネに拠点を置く製薬スタートアップ、Avraham Pharmaceuticalsが研究開発を進めるのは、認知症の進行を初期段階で食い止めるための新薬だ。

kawakami-haruka-avraham_pharmaceuticals1
高齢者の増加に伴い、認知症患者の数も世界的に増え続けている。
(画像:Pixabay

軽度認識障害に対応する新薬

 
Avraham Pharmaceuticalsは認知症を中心とする神経変性疾患の治療薬開発を専門として2010年に設立された。現在はヘブライ大学およびテクニオン・イスラエル工科大学と連携し、軽度認識障害治療のための新薬Ladostigilの開発に取り組んでいる。

kawakami-haruka-avraham_pharmaceuticals2
Ladostigilの組成図
(Avraham Pharma公式サイトより:Pixabay

 軽度認識障害は英語ではMild Cognitive Impairment (MCI)と呼ばれる。Avraham Pharmaのサイトでは「加齢による通常の認識力の低下と、認知症による明白な認識力の低下の中間に位置する状態である」と説明されている。いわば認知症の初期段階であり、放置すれば患者の50%は5年以内に認知症を発症する。(参考: 認知症ねっと)新薬Ladostigilならば、このMCIから認知症への進行を遅らせることが期待できるという。
この薬はもともと、多量の服用を想定した認知症の治療薬として開発がすすめられていた。しかし想定されていた効果は充分に発揮されず、2012年からは服用量をより少量にして、MCIの対応に的を絞った形で開発が続けられている。

認知症予防の新しい枠組みとなるか

 現在、MCIの治療に特化した薬は存在しない。認知症治療のための薬の代表的な物にはドネペジル(日本ではアリセプトという名前で流通している)があり、MCIの患者にこうした抗認知症薬が処方されることもある。だが患者の不安感や焦燥感が増すなど、副作用が強く出てしまうことも少なくないのだという(参考:アリセプト公式サイト 認知症特集「MCIで抗認知症薬を投与すべきか?」)。こうした面でも、Ladostigilには今までにない安全で利用しやすい薬としての役割が期待されている。この新薬は認知症の薬としては完成しなかったが、MCIの治療薬として生まれ変わることで、認知症の早期予防にまったく新しい枠組みを提示するのかもしれない。

会社概要

会社名 Avraham Pharmaceuticals
創立者 David Warshawsky, Ph.D.
CEO Yona Geffen, Ph.D.
設立年 2010年
拠点 イスラエル
社員数 1-10名規模
事業内容 神経変性疾患の治療薬開発
主な商品 早期認識障害(MCI)治療薬「Ladostigil」
会社URL http://www.avphar.com/
沿革 2010年 生命科学の専門家、David Warshawsky博士によって創立される。
2011年 現在のCEO、Yona Geffen博士が参加。
2012年 抗認知症薬として開発を進めていたLadostigilの治験が失敗に終わる。MCIに特化した新薬として開発を継続。この年、CEOがYona Geffen博士に交代。
2015年 MCI治療薬としてのLadostigil、治験フェーズ2bが成功裏に進んでいるという中間結果を発表。
2016年 研究資金として400万ドルを追加調達。

メンバー紹介

Uli Gal-Oz

Yona Geffen博士
CEO
 民間企業での医薬品開発の分野で15年以上のキャリアを持つ女性研究者。イスラエルのベン=グリオン大学で微生物学と神経医学の博士号、また経営学の修士号も取得しているオールラウンダーでもある。

TAG ,

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |