「考えるだけ」で3000キロ先のライトを点灯!伊藤穰一氏も注目-InteraXon

CATEGORY: STARTUPS

TAG:

バンクーバー五輪で大規模な脳波コントール体験を提供した、カナダのインタラクソン社(InteraXon)は、「思考による物体のコントロール」を中心とした研究開発を行なっている。

ビールのお酌からタワーのライトアップまで-脳波操作の研究開発

InteraXon_1
バンクーバー五輪会場から、トロントのCNタワーの照明を脳波で操作する様子。
(出典:Muse公式YOUTUBE

カナダのトロントに拠点を置くインタラクソン社は、脳波で操作するアプリケーションをメインとした幅広い研究開発を行なっている(ちなみに英語のaxonは「軸索」を、inter-は「〜間の」を意味する)。創業初期には、考えただけで動く家電や、ビデオゲーム、浮かんで移動するイス、ビールサーバーなど、思考だけで操作するプロダクトを数多く開発した。2010年にはバンクーバー冬季オリンピックにて、バンクーバーの会場から、3000キロ離れたCNタワー、カナダ国会議事堂、ナイアガラの滝の照明を観客が思考だけでコ自由にントロールできるという、大規模なインスタレーションを成功させた。

委員会にはMIT伊藤穰一氏も。瞑想用脳波ヘッドバンド「Muse」

InteraXon_2
インタラクソン社の家庭用脳波センサーMuse。センサーは額に2つ、耳の後ろに2つ、レファレンスセンサーが3つの計7つ。
(出典:Muse公式ページ

インタラクソン社は2014年に初商品のヘッドバンド型脳波センサー「Muse」を発売。iOS・androidに対応したアプリを使い、スマホやパソコン上で脳の活動をリアルタイムでチェックすることができる。Museでは瞑想中、意識が散漫になると、ビーチや森の中といったおだやかな自然音が嵐のような悪天候の音へと変化することで、瞑想をより短い時間で密度の濃いものにしてくれる。

本サイトで以前紹介したneuromore Studioと接続すれば、頭の中の状態(天候)を映像化したり、データをより専門的に分析したりしてくれる。またMuseの諮問委員会には、NHKで放送中の「TED」でおなじみのMITメディアラボ所長伊藤穰一氏も加わっている。Museは2016年10月現在249ドルで販売中だ。

“Know thyself”(「汝自身を知れ」)-意識の問題を追求した女性創業者

InteraXon_3
インタラクソンの開発した「思考で浮かぶイス」に座る元CEOアリエル・ガーテン氏。
(出典:Jeff Jacobson Agency

インタラクソンを率いてきた、共同創業者で元CEOであるアリエル・ガーテン氏(Ariel Garten)は、芸術と科学に精通するファッショナブルな女性だ。芸術家の母のもとで育ち、神経科学を学び、自らのアパレルブランドを立ち上げた。2011年1月のTEDxでは「汝自身を知れ」というタイトルで、自分自身を知ることに魅了されてきたこと、自己認識こそがホモサピエンスとそれ以前の人類をわけるものだと語った。

ガーテン氏は2015年に妊娠、CEOをやめ取締役会に移っている。

会社概要

会社名 InteraXon
CEO Derek Luke
設立年 2007年
拠点 トロント(カナダ)
社員数 11-50人規模
事業内容 脳波による操作に関するプラットフォーム・アプリケーションの開発
主な商品 Muse
会社URL http://www.choosemuse.com/
沿革 2007年 創業
2010年 バンクーバー冬季オリンピックにて大規模インスタレーションを行う
2012年10月 Indiegogoでのクラウドファンディングで約28万ドルの資金を集める(当初予定していた15万ドルの約2倍)
2013年8月 シリーズAのラウンドでHorizon Ventures、OMERS Ventures、A-Grade Investments、ff Venture Capital、Felicis Ventures、Bridge Buildersなどから600万ドルを調達
2014年 同社初の商品「Muse」を発売
2015年5月 シリーズBのラウンドでOMERS Venturesなどから1000万ドルを調達
2015年11月 Derek Luke氏がCEOに就任

メンバー紹介

Ariel Garten

Ariel Garten
創業者・前CEO
芸術、神経科学、ビジネスの分野に通じる。幼い頃は不動産に興味があり、父親はさまざまなアパートを彼女に見て回らせた。母親は芸術家で、アートにも没頭。大学では神経科学を学び、また高校で始めた自身のアパレルブランドを立ち上げ、トロントのアパレル店で販売した。並行して研究施設に勤務、卒業後も勤続しながら自身のアパレルショップを開く。スティーブ・マン氏の研究所で勤務した後、インタラクソンを立ち上げる。

Chris Aimone

Chris Aimone
創業者・CTO
コンピュータ工学、音楽、デザイン、義肢など幅広い分野で活躍。FUNtain.ca社の共同創業者で、世界唯一の水で奏でる楽器「ハイドローロフォン」を開発。彼のヨーヨーを動力にしたmp3プレイヤーはPopular Science / Core 77のデザインチャレンジで大賞を獲得。

Trevor Coleman

Trevor Coleman
共同創業者・COO
Museのデザイン・ソフトウェア開発を担当。脳センサー技術の分野で7年以上の経験を持つ。脳波データのデータベース構築を通して、行動保健学におけるEBM(「根拠に基づいた医療」、evidence based medicine)の発展に情熱をそそいでいる。

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |