患者のケアとIT医療データのギャップを埋め、 ヘルスケア改革に貢献-Zoeticx

CATEGORY: GENIUS

TAG:

IT化が進む社会の中で、アメリカにあるZoeticx社はデジタル医療データに特化し会社を通して社会貢献をする。様々なEHRシステムを駆使して臨床データを多くの医療従事者に届けるように工夫をしている会社だ。

EHRシステムを通しての医療分野での患者の情報提供

EHRとはErectric Health Recordの略称で、日本語では「生涯健康医療電子記録」と呼ばれる。患者の医療情報を地域レベルだけでなく、国家プロジェクトレベルにまで共有するという大きなプロジェクトのことだ。Zoeticx社では、すべての患者の情報提供を目指している。ソフトウェアの情報共有、つまりAPI(Application Programming Interface)をサポート・すべての患者の医療データモデルを成形している。EHRは今、全世界が必要としているオンデマンドな医療サービスなのだ。
zoeticx3

ユニークなEPAとDMMS

Zoeticx社は他企業との差別化のために何を取り入れているのか?

答えはEPA(Electronic Process Automation)とDMMS(Dynamic Medical Messaging System)だ。
まず最初に、Zoeticx社は患者の医療的状態の情報を特定の医療従事者(以下、プロバイダー)向けにお知らせしてくれるサービスを提供している。 EPAは経済連携協定の略でも、魚の油分の一種でもない。これはZoeticx社独自のものだ。自動電子処理とでもいえるだろうか、医療の一連の流れをオートマチックに手引きしてくれるものだ。医療行為というのは然るべきプロバイダーが然るべき配慮をしていれば失敗には陥らない。そこでEPAが患者に対するケアの質を向上するために電子カルテをよりアクティブな環境に変化させる。他社の医療における仕事効率のヘルスケアアプリと一緒に活用されることでフレキシブルに変更可能なうえに、オートマチックに仕事の流れを作ることさえもできるのだ。これによって医療ミスというものを大幅に減らすことができるであろう。

次にDMMSとは何なのだろうか。Zoeticx社のDMMSは現在特許も出願中である。ヘルスケアIT業界でも先頭を切る技術を提供しており、各患者の情報が然るべき時に、然るべきプロバイダーに、然るべき情報を保証してくれるという代物だ。Zoeticx社のミドルウェアソリューションがその他のヘルスケアITに組み込まれ、患者の医療情報がプロバイダーの手にすぐ届くアクティブな環境へと変えてくれる。
zoeticx2
(出典:Zoeticx公式ページ

医療のIT化は我々全人類の医療状況を大きく変えるに違いない要因だ。そのなかでもZoeticx社は重要な役割を果たすミドルウェアを提供することからも、今後のヘルスケアIT業界でも注目の企業である。

会社概要

会社名 Zoeticx
CEO THANH TRAN
設立年 2011年
拠点 アメリカ合衆国
社員数 11-50人規模
事業内容 ヘルスケアIT
主な商品 Patient – Clarify Platform, Care Applications, Mobile Suite, Data Sheets
会社URL http://zoeticx.com/

メンバー紹介

THANH TRAN

THANH TRAN
CEO
全世界に通じるようなITの知識を駆使して新しい考えを持ったZoeticx社のビジネスを実現させた。25年間以上世界レベルの技術・マネジメントに従事。Zoeticx社の前はAmdocs社で最高技術責任者として務めた。

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |