通院負担の少ない乳房再建を実現。「二酸化炭素」で女性の人生を前向きに-AirXpanders

CATEGORY: STARTUPS

TAG:

AirXpanders社は、乳房再建の際に使われる、ティッシュ・エキスパンダー「AeroForm」の研究開発を行っているスタートアップ企業です。2005年、アメリカのカリフォルニア州に設立以降、「身体的負担をより少なくしたインプラント(人工乳房)手術で、女性の人生を前向きに」をコンセプトとしており、これまで常識だった「ティッシュ・エキスパンダー=生理食塩水注入」の概念を覆した企業として、注目を集めています。

ティッシュ・エキスパンダ―の役割とは?

ティッシュ・エキスパンダー(以下、エキスパンダー)は、乳がんで切除した女性の乳房を、インプラント手術で新しく再建する際に欠かせない医療器具で、日本語で「組織拡張器」と呼ばれています。水風船のような形状をしており、内部に液体を注入したら膨張するように作られています。

インプラントによる乳房再建では、シリコン製の人工乳房を埋め込む前に、胸部にそれを入れられるスペースを作らなければなりません。そのため、予めエキスパンダーを使って、胸の皮膚と筋肉を引き伸ばす必要があります。AirXpanders_1
胸部に埋め込まれたエキスパンダーに、生理食塩水を注入している様子
(出典:MedicalNote

再建手術は2回に分けて行われ、まず1回目はエキスパンダーを胸の筋肉(大胸筋)の下に挿入します。その後、翼状針を使って、約2週間ごとにポートから生理食塩水を徐々に注入していき、エキスパンダーを膨らませていきます。健側の乳房と同じくらいの大きさまで拡張したところで2回目の手術を行い、エキスパンダーと人工乳房を入れ替え、乳房を作るまでが一連の流れとなっています。

以上が一般的なインプラント法で、「手術が簡単」「体への負担が比較的少ない」というメリットから、アメリカでは乳房再建手術を受ける約72%の女性が、エキスパンダーを選択していると言われています。日本でも近年、この治療法の有効性が注目されつつあり、2013年7月から一部を除き、健康保険への適用が可能となりました。

「翼状針なし」「生理食塩水なし」を実現したAeroForm

しかし、この方法だと皮膚が完全に伸展するまで、4~6か月間病院へ通院しなくてはなりません。そして2週間毎に、翼状針で外部から生理食塩水を入れることになるので、少なからず痛みが伴い、感染症を引き起こす可能性も否定できません。

AirXpanders社が開発したAeroFormは、このような女性患者の不安を解消するために生み出されたもので、翼状針と生理食塩水を一切使用しない画期的なデバイスとなっています。2つの代わりとなるものは、「リモコン」と「二酸化炭素」です。
AirXpanders_2
(画像上)AeroFormの外観と内部構造 (画像下)AeroFormの操作手順
(出典:AirXpanders公式サイト

AeroFormのエキスパンダーにはアンテナが搭載されており、リモコンで操作する仕様となっています。リモコンにはボタンが1つだけ付いており、1回押すごとに、エキスパンダーの中に二酸化炭素が10ml放出されます。これを一日3回、3時間毎にするだけで、気体が内部に充満し、徐々に拡張されていきます。万が一、3時間以内にボタンを押してしまっても、リモコンにロックがかかっているので、操作ミスの心配は一切ありません。

AeroFormを使うことにより、以下のメリットがあります。

  • 針を使わず、ワイヤレスで拡張
  • 患者自身で操作・管理ができる
  • 自宅や職場で使える
  • 通院回数を減らせる
  • 拡張期間が大幅短縮。わずか17日前後で完了
  • 針による感染症リスクを解消
  • 生理食塩水と比べ、自然な乳房の形に仕上がる

オーストラリアでは、すでに商業化

「エキスパンダーの常識を変えるデバイス」として高く評価され、AirXpanders社は2013年11月、TGA(豪州保健省薬品・医薬品行政局)から販売承認を受け、現在オーストラリアにある複数の病院で、AeroFormが実際使われています。本国アメリカではまだ治験段階にあり市場に出ていませんが、これまで世界で400人を超える乳がん患者が、このデバイスでインプラント手術に成功しています。

AeroFormの誕生により、再建手術にかかる負担が軽減され、日常生活をより楽しむことができます。今後の研究開発で、AirXpanders社はより多くの女性患者の生活向上に貢献していくことでしょう。

会社概要

会社名 AirXpanders
CEO Scott Dodson
設立年 2005年
拠点 アメリカ合衆国 94303 CA Palo Alto, 1047 Elwell Court
社員数 51-200名規模
事業内容 乳がん患者向けティッシュ・エキスパンダーの研究開発
主な商品 AeroForm
会社URL http://www.nurami-medical.com/

メンバー紹介

Scott Dodman

Scott Dodman
CEO
25年以上にわたり、様々な医療機器メーカーで経営管理業務に携わる。AirXpanders入社前は、Avantis Medical Systems社でCEOを務めていた。

Scott Murcray

Scott Murcray
CFO・COO
Nanometrics Incorporated社、ZOLL Medical Corporation社など多くの企業で20年以上、財務、経営管理業務に従事。財務管理、会計、製造、販売、人事、ITなど幅広い経歴を持つ。

Tony Morefield

Tony Morefield
オペレーション担当 VP
15年以上にわたり、Align Technology社、Avantis Medical Systems社などで商品開発、製造管理、エンジニアリングのマネージャーを歴任。

Anthony Carnemolla

Anthony Carnemolla
販売担当 VP
Steris社、Volcano社、Inamed Aesthetics社などで販売および経営管理の業務を24年以上携わる。

Kathy Kelley

Kathy Kelley
臨床担当シニアディレクター
病院における臨床、品質およびリスクマネジメントに20年以上、そして臨床研究に5年以上携わる。医療品質分析の経験が豊富である。

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |