「5つ星」アナリストは誰?個人投資家に新指針-TipRanks

CATEGORY: GENIUS

TAG:

世界的な低金利の下、不確実性が高まる金融市場で安定的な投資リターンを得ることが困難になってきている現在、個人投資家がこの不安定な市場を泳ぎ切ることは海図なき航海に等しいと言っても過言ではなさそうだ。日々洪水のように溢れかえる投資情報の渦に投げ込まれている個人投資家にとって、投資判断に影響を与える株式アナリストや金融専門家らから発信された売り・買い推奨銘柄や株価評価の正確性は死活問題となる。そうしたなか、2012年に開始したアナリストランキングサービス「TipRanks」は、アナリストらが日々発信している投資情報を常時リアルタイムで解析、その結果を基にアナリストの信頼度を「格付け」し、個人投資家に新たな指針を提供している。

1万人の「金融専門家」を格付け

TipRanks社が開発した分析ツールは、機械学習(自然言語処理)技術を用いて金融専門家の投資助言の正確性を実際のパフォーマンスに基づいて解析し、ランク付けする。その対象は、ウォールストリートのアナリストや、ヘッジファンドマネージャー、金融ブロガー、そして企業内部者まで約1万人に及び、発信された情報の正確性を洗い出すことを実現したものだ。「TipRanks」のウェブアプリでは、2009年以降の各アナリストの予想的中率と平均リターンのランキングと格付けがリアルタイムで表示され、ユーザーはその中からアナリストを選別して、高ランキングの「5つ星」アナリストの推奨銘柄だけをそっくりそのまま自分のポートフォリオに組み込むことなども可能になる。個人投資家がアナリスト予想の正確性を見極めることはこれまでは容易ではなかったが、TipRanks社はそこに切り込んだ。

最上位から最下位まで、個人投資家に判断材料提供

では実際に、TipRanks社の分析ツールのベーシック版(無料)で閲覧できる情報を見てみよう。
まずは2016年10月5日現在、ウォールストリート・アナリストのランキング第1位に輝く「5つ星アナリスト」は誰だろうか?
TipRanks_1
「Top 25 Wall Street Analysts」の1位アナリストの画面
(出典:TipRanks公式ページ

投資銀行Oppenheimerに所属し、主に産業財セクターを担当するエクイティ・アナリストのChristopher Glynnさんだ。画面を見ての通り、所属金融機関とアナリストの実名、顔写真が表示され、そのアナリストが買い推奨・売り推奨を出している銘柄が一目でわかる構造だ。重要なのはここに表示される「Success Rate」と「Average Return」だ。Success Rateは2009年1月以降の各アナリストの売り・買い推奨の的中率(年率)を示し、Average Returnは同期間の年率平均リターンを示す。1位のGlynnさんのSuccess Rateは75%、Average Returnは+15.6%で、「5つ星」だ。これはたしかに好成績と言って良さそうだ。TipRanksのプレミアム版(有料)では、同期間のS&P500種株価指数をベンチマークとする騰落率の比較も可能になる。また、「Smart Portfolio」機能を使うことで、表示されたアナリストの推奨銘柄を組み込んだポートフォリオを画面上で作成することができる。

では次に、あまり成績の良くなさそうなアナリストも見てみよう。
TipRanks_2
成績の悪いアナリストも一目でわかってしまう
(出典:TipRanks公式ページ

星が「0」のVernon BernardinoさんはFBR Capitalでヘルスケアセクターを主に担当するアナリストだ。Success Rateは26%、Average Returnはー15.8%と2桁のマイナス。ランキングは4197アナリスト中4083位で、アナリスト以外も含む金融専門家の総合計の全体ランキングでは9658人中9449位である。まさに残念な成績だとしか言いようがないが、それが現実だ。TipRanks 社によれば、アナリストの86.5%が買い推奨を出すとき、その50.2%は誤りなのだという。

TipRanksのウェブアプリでは、パフォーマンスの高いアナリストだけを選別した産業セクター別の売り・買い推奨のコンセンサスを閲覧できる機能もあり、個人投資家の利便性を追求している。

金融情報の「民主化」目指す

2015年8月のチャイナショックを挟む15年4月から16年5月16日までの1年間に、香港の英皇証券のアナリスト・チームは、カバーしていた173銘柄の全銘柄に「買い」判断を出し、大幅に予想を外していたことが一部メディアで報道されたが、アナリストが発信する情報や予測が客観的に分析・格付けされ、端的に公共の目にさらされるものとなるなら、それは金融情報という知の領域を個人の手に取り戻す一歩としての現代の「知の民主化」のさらなる進展を目指すものだといえるだろう。テキスト解析技術でそれを可能にしたという意味で、TipRanks社は金融情報革命時代に放たれた恐るべき刺客である。市場の動向とともに注目しておきたい企業だ。

会社概要

会社名 TipRanks
CEO Uri Gruenbaum
設立年 2012年
拠点 イスラエル
社員数 11-50人規模
事業内容 テキスト解析による個人投資家向け金融情報サービス
主な商品 TipRanks
会社URL https://www.tipranks.com/
沿革 2012年3月 創業
2013年5月 Fintechベンチャーの見本市である「FinovateSpring 2013」でトップ5に選出される。
2015年4月 「Benzinga Fintech awards」でベストツールに選出される。

メンバー紹介

Uri Gruenbaum

Uri Gruenbaum
共同創業者・CEO
イスラエル国防軍で無人航空機の操縦官を務めた後、Avaya社やConvergin社(現Oracle)で通信プロトコルに関わるシステム開発を手がける。2010年からARX社でプロジェクト・マネージャー、2012年にTipRanks社を創業しCEOに就任。

Gilad Gat

Gilad Gat
共同創業者・CTO
CheckPoint Software Technologies社のセキュリティーソフトウェア開発エンジニアやプロダクト・マネージャーを経て、2012年から共同創業者としてTipRanks社の創業に参画、CTOに就任。

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |