サイバー分野における検知型から隔離型への変革の萌芽-Fireglass

CATEGORY: GENIUS

TAG:

インターネットのいたちごっこ

そこにものがあれば、良い目的に使う者・悪い目的に使う者が現れ、時に双方は戦い、その戦いに終わりは見えない。
そのような事象が昨今、顕著に表れているのがサイバーセキュリティーの分野だ。
しかし、そこに戦いの終焉の兆しが見えた。イスラエルにあるFireglass社である。

検知型の限界と夜明け前

会社にある様々な情報は、ビジネス効率を高めるためネット上で管理されているが、それは盗人からすれば「宝の山」だ。
従来、防御側である会社は、検知型のシステムによって攻撃を排除してきた。

つまり、攻撃側は悪意のあるソフトウェアやコードであるマルウェアを送ったり、会社関係者を名乗るフィッシングを行う。そして、防御側はそれらが入り込み、効力を発する前に検知し、防御策を講じていた。
しかし、Fireglass社の共同創業者でありCEOのGuzner氏は次のように述べる。「善悪を完全に識別することはできないように、検知型ではインターネットから潜在的な脅威を完全に排除することはできない。検知型システムは失敗している。」

Fireglass社による変革

Fireglass_1
(出典:Fireglass公式ページ
Fireglass社が作り上げたのは、Fireglass Threat Isolation Platform(上図中央部)である。そのプラットフォームはウェブページやEメール、文書を隔離することによってマルウェアやフィッシングだけでなく、未知の攻撃をも防ぐことができる。

  • ウェブ
     ウェブページの内容をそのプラットフォームに隔離することでマルウェアや未知の脅威が直接ユーザーのネット環境に侵入するのを防ぐことができる。
  • Eメール
    フィッシング行為はEメールを通して行われるが、当社のプラットフォームはフィッシングサイトから隔離されているため、会社の情報が攻撃側に流出することはない。
  • 文書
    プラットフォームで文書を隔離し、表示することができる。そのため、悪意のあるコンテンツはエンドポイントに到達できない。

つまり、Fireglassのプラットフォームをユーザーとウェブの間に設置することによって悪意のある潜在的な内容も排除することができ、エンドポイントに送られるのは、実際のウェブコンテンツそのものではなく、見えているものなのだ。

今後の展望

「私たちの商品はビジネスをより安全に運営でき、その生産性を高くできると自負している。」そうGuzner氏は述べる。2016年に調達した資金は、リサーチや開発の拡張だけでなく、北アメリカやヨーロッパにおける売上拡大やマーケティング・サポートチームの創設にも向けられる。Fireglass社の新しいサイバーセキュリティーは世界的に広がっていくかもしれない。

会社概要

会社名 Fireglass
CEO Guy Guzner
設立年 2014年
拠点 イスラエル
社員数 11-50人
事業内容 Fireglass Threat Isolation Platformを用いたサイバーセキュリティーサービス
会社URL https://fire.glass
沿革 2014年 Guy GuznerとDAN AMIGAにより創立
2016年1月 シリーズAラウンドでLightspeed VenturesとFIreEye investor Norwest Venture Partnersから2000万ドルを資金調達
2016年7月 注目すべき未来を担う9つのクラウドセキュリティスタートアップに選ばれる。

メンバー紹介

Guy Guzner

Guy Guzner
共同創業者 CEO
Check Point Software Technologiesにて、10年以上もの間ネットワークセキュリティー製品の分野で活躍した。何百という従業員から構成されるエンジニアチーム・セキュリティーリサーチチーム・製品チームという大きな組織の指揮をとる。セキュリティー製品の戦略を立て、年間15億ドル以上の額の製品ポートフォリオを作成し、全体的な製品の開発サイクルを成功へと導いた。2014年にFireglassを立ち上げた。ファイヤーウォールなどだけでなく、マルウェアやハッキング技術にも精通している。

Dan Amiga

Dan Amiga
共同創立者 CTO
4年間イスラエル国防軍諜報部8200にて、ファイヤーウォールなどを超える新たなセキュリティー解決案の考案・開発に従事する。
その後、マイクロソフトテクノロジーセンターで行政など高いセキュリティーが求められるクライアントを相手に、シニアコンサルタントとして活躍した。
そして、シュナイダーエレクトリックのソフトウェア設計の責任者を務めた後、2014年Fireglassを立ち上げた。セキュリティーやソフトウェア関連の講演を行うほか、大学で助教授を務めている。

TAG

WRITER

SAKIGAKE編集部

SAKIGAKE編集部

海外のスタートアップ、テクノロジーに関する最新情報を発信していきます。 海外の起業家たちが、何の課題に目を向け、どんなことを仕掛けようとしているのか。 最新技術だけでなく、未来を創ってきた人や、これから未来を創ろうとしている人の生活・人生もご紹介します。
MEDIA |  |